READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パレスチナ難民キャンプ版ドラゴン桜

税所篤快

税所篤快

パレスチナ難民キャンプ版ドラゴン桜
支援総額
928,000

目標 500,000円

支援者
150人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
23お気に入り登録23人がお気に入りしています

23お気に入り登録23人がお気に入りしています
2012年04月20日 04:50

ルワンダで鮮血を見た。

税所篤快です。

アフリカ、ルワンダにて乗っていたバスが10代の男の子をはねて即死させました。

生まれてはじめて鮮血が飛び散り、人がぴくりとも動かなくなる死の瞬間を見ました。

僕はバスの中で宇宙兄弟を読んでいました。

そしたら「ごつん」という不気味な音とともにバスがアンコントローラブルになりました。

危うく崖から落ちるところでした。

一瞬でひとつの命が消えてしまったこと。

乗客一同が彼の死の瞬間に立ち会ったこと。

 

普段から日本大使館から禁止されているバイクタクシーを多用している僕が男の子の立場でもなんらおかしくはなかったと、怖くなってきてしまいました。

 

ヨルダンの伊賀さんといっしょだった年始早々バングラデシュのリキシャで交通事故。

ナイロビで乗ってた車が堀につっこんだり。

 

しっかり安全確保しながら、プロジェクトを進めたいと思います。

 

びっくり仰天してから、早稲田の友成先生にメールをしたら以下のような返事が帰ってきました。

 

 

税所君へ 
 
男の子、かわいそうだったですね。
さぞかしご両親が悲しんでいるでしょう。
 
わたしも人が死ぬ場面に何度か遭遇しました。
本当に不気味なものです。
自分が親しくしている人だとなおさらです。
そんな不気味な、不思議な存在が人間だということでしょう。
そして、そんな不気味なことに意味を見いだせるのも人間でしょう。

 
税所君も、リスクマネジメントはしっかりお願いしますよ。
悲しむ人がたくさんいますので。
 
from 友成
 
死なないで、プロジェクトもがんばりつつ、必ず日本で会いましょう。
 
税所篤快

 

 

一覧に戻る

リターン

1,000

*難民キャンプの生徒からのサンクスレターをお送りいたします。

支援者
48人
在庫数
制限なし

5,000

*キャンプの生徒からのサンクスレターをお送りいたします。
*プロジェクトフォトブックをお送りいたします。

支援者
30人
在庫数
制限なし

10,000

*キャンプの生徒からのサンクスレターをお送りいたします。
*プロジェクトフォトブックをお送りいたします。
*パレスチナ難民に伝わるエピソードブックをお送りいたします。
*税所篤快主催の特別イベントにご招待します。

支援者
73人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする