READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子どもたちが離れて暮らすパパと会えるよう交通費を支援したい!

子どもたちが離れて暮らすパパと会えるよう交通費を支援したい!

支援総額

801,000

目標金額 780,000円

支援者
71人
募集終了日
2015年2月24日
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2015年01月09日 11:21

泣くのは主人でも子どもでもなく、母子避難を決めた私自身です

7月18日~7月21日参加のK様より

札幌に母子避難をして、もうすぐ3年になります。当時2才だった息子は、幼稚園の年長組になりました。主人は仕事のために福島で働いています。毎回、千歳空港まで見送りに行きますが、泣くのは主人でも子どもでもなく、母子避難を決めた私自身です。子どもを被爆させることなく、家族一緒に暮らしたい。こんな事故前は当たり前の普通の事が、原発事故後はこんなにも普通生活が遠く、遠く、願っても願い続けても実現しない、今では夢になってしまいました。理不尽な原発事故、家族一緒に暮らせない現実、いろんな思いが込み上げて、見送りながら泣いてしまう私の涙を、息子はいつも両手で力いっぱい拭いてくれます。今回は18日の夜に主人が札幌にきて、21日の朝に福島に戻りました。3泊の間札幌市内の川で川遊びをして、西区にある三角山に登りました。写真は三角山に登る、父と子の後ろ姿です。息子は父親がくると、朝起きてから夜寝るまで片時も側を離れません。いつも短い間しか一緒にいられないことを知っているので、精一杯父親の側にいたいのです。息子は気管支が弱く、福島に帰省すると、痰がからむ咳が始まり発熱を繰り返します。放射能の影響はわからないことが多く、何も症状がなく平穏に福島で暮らしている人が多いのが現実です。でも、すべての人が大丈夫ではないのです。100パーセント大丈夫なのではなく、ごく少数でも持病が悪化したり、何らかの症状がでたりして、帰りたくても帰れない子ども達がいること、母子避難の生活の中で会いたくてもお父さんに会えない子ども達がいることを、多くの人に知っていただきたいです。二重生活の上に、会うためだけにかかる交通費は家計に重くのしかかり続けています。このようなプロジェクトの存在は、大変心強く思います。この度はありがとうございました。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

★北海道旭川ななつぼし平成26年度白米1キロ

放射能測定済みの安心なお米を
北海道から稲守さんが発送します!
稲守さんは福島県から北海道へ家族と共に避難し
故郷に残る友達へ、全国の子どもたちへ
安心出来る北海道のお米を届けたいと
販売から精米、発送などを行なっています

支援者
33人
在庫数
制限なし

10,000

alt

★北海道旭川ななつぼし26年度白米5キロ

★北海道旭川ななつぼし平成26年度玄米1キロ

放射能測定済みの安心なお米を
北海道から稲守さんが発送します!
稲守さんは福島県から北海道へ家族と共に避難し
故郷に残る友達へ、全国の子どもたちへ
安心出来る北海道のお米を届けたいと
販売から精米、発送などを行なっています

★パパに会いたいプロジェクト 募集および活動報告へ あなたのお名前が入ります。

支援者
31人
在庫数
制限なし

30,000

alt

★北海道旭川ななつぼし26年度白米10キロ

★北海道旭川ななつぼし平成26年度玄米2キロ

放射能測定済みの安心なお米を 北海道から稲守さんが発送します! 稲守さんは福島県から北海道へ家族と共に避難し 故郷に残る友達へ、全国の子どもたちへ 安心出来る北海道のお米を届けたいと 販売から精米、発送などを行なっています。

★パパに会いたいプロジェクト 募集および活動報告へ あなたのお名前が入ります。

支援者
8人
在庫数
制限なし

100,000

alt

★北海道旭川ななつぼし26年度白米30キロ

★北海道旭川ななつぼし平成26年度玄米5キロ

放射能測定済みの安心なお米を 北海道から稲守さんが発送します! 稲守さんは福島県から北海道へ家族と共に避難し 故郷に残る友達へ、全国の子どもたちへ 安心出来る北海道のお米を届けたいと 販売から精米、発送などを行なっています。

★パパに会いたいプロジェクト 募集および活動報告へ あなたのお名前が入ります。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする