みなさん、こんにちは。

 

私たちの長いお付き合いで、

いま那須を中心にさまざまな活動をされている梅津さまが、

今回「トランジションタウン那須」として「アースデイ那須」に出展され、

その中にわたしどもCEPの平和のアクセサリーなどを展示販売してくださることになりました。

ご協力、ご尽力いただきましてほんとうに有難うございます。

以下、アースデイ那須での様子をご報告いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アースデイ那須2017で、とても幸せなひと時を過ごすことができました。

ご来場くださった皆様、お立ち寄り下さった皆様、そして会場には来れなくても応援してくださった方。

そして、この場を支え続けて下さった実行委員の皆さま、関係各位の皆様に心から御礼申し上げます。

ありがとうございました。…φ(´ー`*)

両日の気温は真夏、「すこやかな情熱の結集」になりましたね。
お陰様で「トランジション・タウン那須」熱くデビューできました。
 

とっても素敵な出会い二話を紹介させていただきます。

 

カンボジアの平和活動支援の薬莢で作ったアクセサリーを最初にお譲りできた天使は、なんと小学生の男の子A君でした。お友達5人位とお見えになり、ポスターを見て「マンダラをください」と5千円を差し出してくださいました。

「ありがとう!お父さんかお母さんに頼まれたの?」
A君「いいえ、僕が欲しかったんです。」
「とても高いけど買って大丈夫?」
A君「はい、僕はよく募金活動をみると寄付するんです。」
「そんなんだ!」思わずHUGしながら
「素晴らしい!きっとご両親も素晴らしいのでしょうね。ありがとう。」
お友達も嬉しそう!
お友達「私も欲しいけど、お金ないから」
「ありがとうね!そのお気持ちだけで、おじさんは超嬉しい!ありがとう!!!」(。・ω・。)ノ♡

 

②隣のブースは、青年たちTシャツにインド・サポートの文字を観ました。そこでお話を聞きました。
宇都宮大学の国際協力団体 Resource Networkのみなさんでした。「地球上に存在する開発ニーズ(リソース)を結びつけることで国際協力を促進するとのこと。いま南インドの女性と子供の自立支援を行っているそうです。会場ではインドでよく見かける買い物かごなどのグッズを販売されていました。みんな素敵な学生さんたち輝いていました。

 

緩やかにみんなとつながりながら、自分でできること。

地球の未来と暮らし方について一緒に考え、少しだけ行動できたら嬉しいです。

 

 

新着情報一覧へ