皆さま、ご無沙汰しております。

ゴールデンウィークの谷間の5月1日(月)に、
今回のプロジェクトにご支援頂き、リターンとしてプラスでの
一日職員体験をお選び頂いていた川本様に、
プラス事務所にお越し頂きました。

まずは、一緒にランチをとりつつ、自己紹介&活動紹介タイム。
川本様から、日頃のお仕事の話や、どうしてプラスをご支援頂いたのか、
という話をお聞きしました。

今回のクラウドファンディングを通じて、
初めてプラスの活動を知ったという川本様。

ご自身も小さなお子様をお持ちとのことで、
教育や子ども達への支援先を探されていた際に、
たまたまプラスのクラウドファンディングのことを知り、
ボーナスの一部でご支援頂いたということでした。

川本様からの自己紹介の後は、プラスから活動の経緯やご支援頂いた
事業の進捗を共有しました。



現地の写真等を見つつ、お母さんたちの暮らしについても細かく質問頂き、
活動についてじっくり知っていただくことができました。


その後は、プラスの写真データの整理をお願いしました。


日頃取り掛かれないでいた作業をすっきりと終わらせて頂き、
大助かりでした。


いつもは、イベント等を除きプラスの事務所に支援者の方が来られる機会は
少なく、ここまでじっくりと、支援に至った思いを伺うことはないので、
プラスのスタッフにとっても、とても貴重な機会となりました。

シリア情勢など世界で起こる問題に、普段から何とかしたいができない
もどかしさを感じておられたという川本様。
それでも、高額のご支援のボタンをクリック頂く際には手が震えたと
仰っていました。

こうして、ご支援者の方の支援を寄せて頂くに至った思いをお聞きして、
おひとりおひとりの大切なお気持ちをお預かりしていることを実感し、
改めて身の引き締まる思いです。

これからも、お預かりした大切なお気持ちを現地に根付く適切な支援として
届けることができるように、活動してまいります。

末文となりましたが、川本様、一日職員体験にお越し頂き、
ありがとうございました!
新着情報一覧へ