クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

マイノリティは生きづらい?「日本生きづらさ大全」を作りたい

プラス・ハンディキャップ

プラス・ハンディキャップ

マイノリティは生きづらい?「日本生きづらさ大全」を作りたい
支援総額
1,040,000

目標 1,000,000円

支援者
79人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2014年09月08日 12:20

私は日本生きづらさ大全をつくる理由 井上

今回は3人のコアメンバーで日本生きづらさ大全2014の製作をおこなっていますが、私以外の2人はそれぞれ義足とうつという生きづらさを抱えています。


では、私はどんな生きづらさがあるのかと言えば、新卒で入った会社を2年弱で辞めた程度で、障害を負ったり、病気になったりということはありません。

その生きづらさに関してはPlus-handicapにて「普通すぎて生きづらい」という記事で書きました。 URLはこちら→ http://plus-handicap.com/2014/07/3712/

 

そんな私が日本生きづらさ大全に関わった理由は3つです。

 

ひとつ  世の中のまだまだ知られていない世界を社会に伝えたいと思ったから。

 

ふたつ  生きづらさを横断的に見ることによって新たな解決策が生まれる可能性

を感じたから。

 

みっつ  おもしろそうだったから!


正直、みっつ目のおもしろそうだったからが一番大きな理由かもしれません。

 

日本生きづらさ大全をつくることで、社会が劇的に変わることはないでしょう。
でも、これからの大きな流れをつくる小さなきっかけになると信じています。

 

障害者でもうつ病でもLGBTでも貧困でもない私だからこそ発揮できる価値を発揮し、このプロジェクトを成功させますので、みなさまのご支援よろしくお願いします。

(井上 洋市朗)

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

(1)一般社団法人プラス・ハンディキャップで作成したステッカーを一枚送付します。

(2)facebook上の寄付者限定コミュニティへご招待します

支援者
30人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記に加え、以下の引換券をお送りします。

(1)「日本いきづらさ大全2014」へ協力者として氏名を記載します。

(2)完成した「日本生きづらさ大全2014」をプレゼントさせていただきます。

(3)「日本生きづらさ大全2014」創刊イベント(2014年11月開催予定)に無料招待させていただきます。

支援者
45人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

上記に加え、
(1)「日本いきづらさ大全2014」へ協力者として氏名+メッセージも合わせて記載します。
(2)ご希望の方には「生きづらさ大全2014」創刊イベントにおいて、みなさんの活動報告やチラシなどを設置、配布させていただきます。
※設置、配布するチラシや冊子などの製作費は支援者様にお願いします。

支援者
3人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

上記に加え、
一般社団法人プラス・ハンディキャップの理事またはライター陣の中から一名の無料公演を行います。
※講演者は相談のうえ決定。
※講演の企画、会場手配、運営等は支援者が行い、それらにかかった費用は支援者の負担とします。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000円(税込)

上記引換券#1~#4の内容に加え、
プラス・ハンディキャップ編集長の佐々木一成が無料で講演会を行います。
※講演の企画、会場手配、運営等は支援者が行い、それらにかかった費用は支援者の負担とします。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする