今日は、今年の賽の河原最終日でした。最後の日に、辛い思いを抱えながらこの場所に入りたくても入れなかった方が来てくださいました。震災以来初めて中に入ったこと、私たちの活動がなければ入ることが出来なかったこと、教えてくれました。今日、彼女が一歩踏み出せたこと、これまで活動してくださった多くのボランティアのみなさんに感謝して、今日まで活動を続けて来て本当に良かったと思いました。

砂を掘って、石を運んで、延々と繰り返す作業は、ただ体力を消耗するだけの活動ではなく、誰かの再会に繋がって、誰かの励みになって、誰かの背中を押しています。

今日、改めて思いました。まだまだ心の深いところで傷ついている方がたくさんいる。でも前に進もうと努力している人がいる。そんなみなさんとの約束。今年もクリスマスの約束を叶えたいです。

ーREADYFOR?残り11時間となりました。

みなさまのお力をお貸しください。よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ