2週間を切りましたが、みなさまのご声援に応えられるよう、公開終了日の1月12日23時まで希望を持って頑張ります!

 

メッセージリレー7人目はプレマメッタスクールに2013年と2017年の2回訪れてくださった西巻 佳寿子さんです。

 

「初めてスクールに伺ったのが2013年11月、私にとっては初めてのインドで、 全てが衝撃的且つ新鮮で、生きることにガチな人たちの姿を見て 色々と考えさせられたのを覚えています。

当時のプレマメッタスクールの校舎はまだトイレなどもなく、作っては壊されたりなど 色々なトラブルなどお話を伺っていたので、その場を目の当たりにし 取り巻く環境、文化的背景などの難しさなどを感じたのを覚えています。

 

2013年11月のプレマメッタスクール訪問

今年2017年3月再び訪れた際は 立派なゲストハウスもでき、スクールも以前伺った時よりはだいぶ整備されていたのに驚きました。また、最初訪れた時にいた卒業生が、今は先生をされているのを知り素敵だな~と思いました。

この4年の間、続けていくことはとても大変だったと思いますが さらに、進化しているなんて本当にすごい!!の一言です。

きっと色々な御苦労と努力があつたかと思います。 このスクールを支える、アヌープとももちゃんの二人の温かくそして 強い想いと、地道な活動あってこその今なのかと思います。

 

このお二人を、本当にリスペクトしています。そして、いつも家族として迎えてくれるアヌープとももちゃん、感謝でいっぱいです。

お二人の活動をずっとサポートしていきたいと思っています。

プレマメッタスクールに通う子供たち、そしてゲストで訪れる旅行者にとってもこの場所が素敵なオアシス、パワースポットとなることと思います。

今年の3月にスクールの子供たちとダンスしたのが 本当に楽しくて。

2017年3月のスタディーツアーに参加した時。ホーリー祭りでみんなで色粉を掛け合いました。

また、遊びに行きたいです。」


佳寿子さん、今年は一緒にホーリーのお祭りをお祝いできて児童も喜んでいました。また来てくださいね!

そして、いつもご支援ありがとうございます。応援してくださっている事が本当に有り難く、そのお言葉に勇気づけられ、活動エネルギーとなっています。

 

みなさまもぜひ私たちに会いに来てください!

きらきらとした瞳、厳しい生活をしながらも豊かな心を持っている子供たちです。どうぞご支援よろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ