プロジェクト概要

皆さん、こんにちは。このページをご覧いただきありがとうございます!

 

福島県会津若松市で「漆とロック」という会社の代表をしている貝沼航(わたる)と申します。25歳の時に起業して以来、漆器の魅力を伝えていく活動を13年間に渡って続けています。

 

職人さんたちの商品開発のお手伝いするところから始まり、現在は、作り手に会いにいく産地ツアー「テマヒマうつわ旅」を主催したり、漆器本来の良さを真っ直ぐに引き出した「めぐる」というブランドを展開したり、会津でのウルシ(漆の木)の植栽活動にも取り組んでいます。

 

日本の基層文化と言える“漆器のある暮らし”を未来に繋いでいくため、今回、新たな取り組みに挑戦したいと考えています。ご支援どうぞよろしくお願い致します!

 

貝沼顔写真

 

 

私たちが実現したいこと

 

「人生の節目に、大切な人に漆器を贈る文化」を作り広げたい!

 

これが、このプロジェクトを通して、私たちが実現していきたいことです。

 

漆は縄文時代から使われてきた素材。その美しさと丈夫さで、古来より身近な暮らしの中にあったものでした。

 

漆器は、全て自然のもので作られます。木のぬくもりの上にしっとりと深みのある漆が塗り重ねられることで、人肌のような優しさをまとい、手のひらに包んだ時に、ほっとする安心感を与えてくれます。器に描かれた蒔絵(まきえ)の多くは伝統的な吉祥文様、そこには様々な願いや祈りが込められています。そして、お直しをしながら長く使い続けていくことのできる器です。

 

このように漆器は、きちんと知っていくと、特別な思いを込めて誰かに贈りたくなる、そんな器なんです。

 

そしてなにより「食べることは、生きること。」

器は、生きることの中心に長く寄り添う存在です。

 

そこで、私たちは、

人生の節目に、漆の器に思いを込めて、大切な人とのご縁を結ぶこと。

それを

“漆結い(うるしゆい)”

と名付けて、日本に、将来は世界まで広めていきたいのです。

 

大切な人の門出を祝福したり、感謝を込めて器を贈り合う、そんな思いやりのある文化を作りたい。その思いから、このプロジェクトを始めることにしました。

 

 

 

“漆結い”の具体的な展開イメージ

 

漆結い(うるしゆい)”は、婚礼をはじめとした人生の折々で、祝福や感謝の気持ちを結んでいきます。

 

◎ “新しい暮らし”を結ぶ

 

 “漆結い”の大きな出番の一つが結婚式。これまでの結婚式では、指輪を交換するのが主流でしたが、それに加えて、新郎新婦が漆器を贈り合う「うつわ交換」を提案します。

 

 「これから、これで一緒にごはんを食べていこうね」という思いを込めて贈ります。「食」を見直す今の時代にも合った、誓いのあり方になることでしょう。

 

うつわ交換
2年前、私たちの結婚式でも実際に漆器で「うつわ交換」をしました。

 

◎ “大切な人との絆”を結ぶ


 結婚は、両家との縁を結び、友人との繋がりを確認する機会でもあります。器を見る度に思い出す。離れていても、お互いを感じ合えることができる。それは、どこかで暮らしが通じている安心感につながります。

 

 

 

◎ “長年の感謝”を結ぶ

 

 “漆結い”は、新婚の時だけとは限りません、結婚◯周年・金婚式・銀婚式などのお祝いにも。自宅を少し整えて「うつわ交換」。それは感謝と共に新たに二人を「結い」直すことに繋がります。

 

以前、旧家に眠っていた漆器膳を使って知人の結婚5周年をお祝いをしました。

 

 

“漆結い”の器と実現方法について

 

“漆結い”で私たちが取り扱う漆器は、自社商品(「めぐる」の漆器や新たに開発する商品など)に限りません。全国の漆器工房と連携し、確かな技術を持った作り手たちの素敵な漆器を貝沼の目利きのもとに提案していきます。

 

今、全国には、独創的な感性で素敵な漆器を作る職人さんたちが、ベテランから若手まで数多く存在しています。そのような魅力的な職人さんたちの器とあなたの縁を繋げていきます。

 

 

さらに、「自分たちの暮らしの道具は、なるべく自分の手をかけて作りたい」という方のために、全国の漆器の工房に出向いて、職人の指導のもと器の製作(塗りの一部や絵付けなど)ができるお繋ぎもしていきます。

 

うつわづくり1

 

“漆結い”専用サイトを立ち上げます!

 

このクラウドファンディングで集まった資金を活用し、漆結いのロゴパッケージデザインを整え、いくつかの商品開発も行った上で、専用サイトの立ち上げを行います。

 

サイトでは、人生に寄り添う大切な器を、きちんとした信頼のもと購入できるようにします。ポイントは全国の作り手とマッチングできること。作り手と使い手がお互いに顔が見える関係を作りたいと考えています。

 

そのことで、一般のお店には置いていないようなとっておきの器との出会いと共に、将来のメンテナンス(補修や塗り直し)も安心して依頼できるようにしてきたいと思います。(もちろんのことですが、プラスチックやウレタン塗装品などのまがい物は扱わず、きちんと天然木と漆を使い、確かな製法で作っている作り手のものだけを扱います。)

 

“漆結い”としての共通のデザインで贈られた方も嬉しく、「うつわ交換」の方法なども解説したガイドブックも用意します。

 

さらに、オンラインだけでなく、直接会いに行く体験の提供も。自分自身で器を作ることのできる制作体験を受け入れる工房の紹介なども行います。

 

また、“漆結い”に賛同する作り手の器を集めた「企画展」なども全国で開催できればと考えています。

 

博多の茅乃舎さんで開催した漆器展。沢山の作り手の器を紹介し、ご好評いただきました。

 

 

“漆結い”リアルストーリー
使い手と作り手、それぞれの物語

 

私たちは、“漆結い”を通じて、どんな物語を紡いでいきたいのか?

 

東京在住のライターであり事業家の鈴木悠平さん、そして会津の漆器職人(蒔絵師)の山内泰次さんというお二人から、それぞれの立場で、ご自身の実際のストーリーを寄せていただきました。(お二人は「漆結いプロジェクト」のサポートメンバーでもあります。)

 

私たちの目指す未来を感じていただけると思いますので、ご覧ください。

 

<使い手の物語 from 鈴木悠平さん>

 

未来はいつだって不確実だから、これから2人の身に何が起きるかわからない。自信たっぷりに「永遠の愛を」と誓うことは、実はとても難しいことだと思う。
だけど、「これからもあなたと一緒に生きていたい」と、”いま”思う気持ちは本当です。その気持ちを、10年, 100年と使い続けられる漆器に込めて贈りました。

 

 

2人の間に生まれた新しい家族にも、1歳のお誕生日のお祝いに小さな漆器をプレゼント。誕生花(誕生日の花)の蒔絵と名前入りです。

 

 

「かぞく」という共同体は、最初から完成しているのではなく、きっと一緒に育んでいくもの。使い続けるうちに味が出て、くたびれたら手入れやお直しをし、そうして長く使い続けられる漆器という存在が、いつも私達かぞくの傍らにいてくれたら。そんな思いで漆器を購入しました。

 

<作り手の物語 from 山内泰次さん>

 

会津漆器の蒔絵師として、祖父の代から続く蔵づくりの工房で仕事をしています。私が自分の品物をお客様に直接販売し始めたのは、問屋からの仕事が減って来た25年程前でした。

 

 

当時のお客様の中には、お子様連れの方も沢山いらっしゃいました。 その頃に小学生だったお子様が成長され結婚なされた時には、お祝いの品物を御購入頂きました。

 

そうして、そのお子様もいつの間にかお母様くらいの歳になられて、今度は御自分のお子様のお食い初めの椀も御購入頂きました。

 

つまり、小さい時から本物の漆器をお使いになられて、漆器の良さを実感なされて来たからこそ、お子様にも伝えていきたいと思われたのだと思います。 

 

 

これからの職人は、作ることだけでなく、お客様との繋がりを大切にしていくことも重要になってきます。

そして、そういったことを通じて漆器を身近に感じていただくことが、なによりも漆器の未来のために大切だと思っています。

 

 

“漆結い人”について

 

“漆結い”の可能性は上記にあげたもの以外にも、まだまだあるはずです。これから、皆さんのアイディアもお聞きしながら、さらに発展させていきたいと思います。

 

そこで、今回のプロジェクトにご賛同いただいた皆さまには、「漆結い人(うるしゆいびと)」として、一緒に広めていくアンバサダーになっていただけたら嬉しいです。

 

ご支援いただいた方には、特別にデザインした「漆結い人会員証(シール)を全員にお送りします。

 

「漆結い人」が集うオンラインサロン(交流会&作戦会議)も年間通じて、何度か開催していきたいと考えていますので、ご興味のある方は、ご都合が合うタイミングでご参加いただければ幸いです。

 

さらに、現在ご結婚をお考えで、実際に自分たちの式で“漆結い”をやってみたいという方は、モニター期間として漆器の貸出なども行いますので、ご連絡ください。

 

また、“漆結い”は、結婚情報メディアやウェディングサービスを手がける企業などとも提携して広げていきたいと考えています。こちらもご興味のある方はご連絡いただければ幸いです。

 

 

今後の展望

 

“漆結い”が文化として定着していくためには、将来的には、この取り組みは弊社だけで抱えるものではないと思っています。

 

ある程度のサービスの型とガイドラインができた段階で、オープンソース化するようなかたちで、信頼性は保ちながらも主体を広げていければと考えています。

 

また、このプロジェクトは漆器に主眼と特徴を置いていますが、もちろん、他の日本の様々な工芸品もそれぞれ素晴らしい面を持っています。

 

このような取り組みが広がることで、多くの人が漆器に限らず、日本のいいものをもう一度大切にしよう、実際に暮らしに取り入れていこうという「きっかけ」になればと考えています。

 

このことが本当に日本の中に根付いていくには長い時間が必要だと思いますが、人生をかけて取り組んでいきたいと考えています。

その最初の一歩を踏み出すために、あなたのご支援が必要です!

どうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

漆はロック!?

 

最後になりますが、「漆とロック」の社名の由来をよく聞かれます。「ロック」とは職人さんたちの生き様のことです、と答えています。そのことを感じていただくために、こちらの映像もご覧ください。アメリカ人の映画監督と一緒に作ったショートムービーです。本物の漆器づくりの裏側に隠されたロックな魂を感じていただけると思います。

 

 

▷貝沼の活動や思いの原点をお話したインタビュー記事はこちらです。
GLOCAL MISSION TIMES 「漆はロック!? 伝統産業と向き合う仕事」
https://www.glocaltimes.jp/people/5126

 

本クラウドファンディングのリターンについて

 

今回のクラウドファンディング限定のリターン品を多数をご用意しております。

それぞれのリターン品の詳細については、こちらをご参考ください。

 

 

「めぐる」の紹介

 

漆器本来の心地よい肌触りや口当たり、そして抱き上げたくなる優しいかたちを追求した三つ組の器です。飯椀・汁椀・菜盛り椀が入れ子で綺麗に重なります。暗闇の中で対等な対話の場を作るエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」とコラボレーションし、触覚に優れた全盲の女性たちの“特別な感性”をデザインに取り入れました。人生に寄り添い、共に育っていく器です。

 

こちらのご購入も私たちの活動の支援になります。

詳細は、こちらの公式サイトをご覧いただければ幸いです。

▷ 漆器「めぐる」http://meguru-urushi.com/

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)