踊りに懸ける想い

 

不器用で、それしか出来ないとわかっているから命をかけることが出来る。
こんな感じのことが本に書かれていたことがある。

 

私のことだなぁ。と思った。


ただただ、ひたすら楽しくて、面白いから踊ってる訳じゃない。

私がこの世に産まれてきて世の中の役に立てるとしたら、踊りしかない。そう思うから踊りを踊っているのかもしれない。

笑顔を見れたら、それでけで幸せ。

感動してもらえたら、感謝の気持ちでいっぱいになる。
伝えていきたい。日本の伝統。
私たちの歴史だから。

 

どんなときも踊り続けてきた。
踊りが救ってくれたときもある。
踊りが足枷になったときもある。
どんなに悩んでも踊り続けてきた。
意思が弱く人に流されやすい私が不思議だけど踊り続けてきた。

まずは観て感じて欲しい!

一人でもいい、心に響く踊りを踊りたい!そう思って踊ってきた。

 

私の踊りに響いてくれて力になってくれている友人、先輩、幼馴染み、

ありがとう(*^_^*)

 

命を懸けて踊ってる私にとってこんなに有難いことはない。
私の夢の第一歩が具体化してる。一人では何も出来ない。
踊りたくても踊れない。
踊らせて貰えることに幸せを感じる。だからこそ頑張れる!

もっと上手になりたい!
客席の心を響かせ魅了したい!
感じて欲しい。
目覚めよ遺伝子!

 

踊りのためなら、どんな事でも出来るよ!命を懸けているから死ぬより簡単なことだもの(笑)本当に思ってる。

みんなの力を借りながら進んでいくよ。楽しくね!

 

雛丸

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています