こんばんは!パプアニューギニア・スタディ・プログラム(以下PSP)広報班のどいなつです。クラウドファンディングですが、本日22日にいよいよ開始いたしました!

 

<なぜクラウドファンディングをするのか>

 

今回クラウドファンディングを行う理由は2つあります。

 

①「国際協力」についての学びを、PSP参加者のみの狭い範囲で共有するに留まらず、みなさんにオープンな形で一緒に学ぶ方が、より深い学びになると考えるからです。私たち自身がみなさんにより良く”伝える”ために、私たち自身がさらに深く研究するという効果だけではありません。みなさんご自身も、パプアニューギニアという国を事例として「国際協力」について、PSP参加者や他にご支援いただく方々と一緒に学び、考えることができるということです。それはつまり、このスタディ・プログラムが参加者のみで完結するのではなく、私たちが現地で感じ、学んだ内容をより多くの方に伝え、一緒に考えていただく機会をつくることになります。

 

②渡航費用の問題です。パプアニューギニアの物価は日本と同水準であり、さらに首都をはじめとして全国的に治安が非常に悪い地域です。宿泊施設も強固な塀で囲まれた施設を選択し、短距離の移動でも車を使わなければなりません。さらに100以上の島で成り立つ同国ではインフラが未整備のため、ニューブリテン島へのフライト代など、都市間の移動に費用が掛かってしまいます。つまり、他のアジア諸国を訪問する場合と比べて渡航費が格段に高くなる見込みとなっています。基本はこれらを自己負担するのですが、学生メンバーも多く参加していることから、みなさんからのご支援をもとに、より安全で学びの深いプログラムを作りたいと思い、挑戦することとなりました。

 

<目標金額>

1,000,000円

 

<使用目的>

みなさんからのご支援は以下の順番で3つの目的のために使用させていただきます。

 ①ニューブリテン島への移動費(フライト代)

 ②移動費(治安に万全を期すホテルでの宿泊費や、セキュリティ車等の利用費)

 ③研究・報告会開催費用の補填

 

<ご支援いただいたみなさんへのお返し>

私たちと”一緒に”みなさんもパプアニューギニア・国際協力に関して学べることがリターンの特徴です。現地からのレポートや勉強会への参加など、ご支援いただいた方がプログラムの”一員”になれる様々なリターンを用意しています!

 

詳しくはクラウドファンディングプロジェクト概要ページをご覧ください。
 

これから約3週間、9/14までの短い間です。その間にみなさんに私たちのことをより知っていただけるよう、新着情報を積極的に更新してまいります。ご覧いただき、共感できる部分、もっと知りたい、支援したい!と思ってくださったらぜひご支援の程お願い致します。

PSP参加者一同みなさんのご支援をお待ちしております!(広報班 どいなつ)

 

ぜひご支援のほど、よろしくお願いいたします!

 

新着情報一覧へ