9月8日~10日まで、静岡大学で行われる日本体育学会にて、運営メンバーの小島が体育・スポーツ分野における商品開発として、Pspoの開発過程を発表します。

 

この学会は、日本の体育・スポーツ関係者約6,000名の会員を有する大規模学会です。学会テーマは、「体育・スポーツは今、次世代に何ができるのか? ー2020後を見据えてー」です。

 

私達も「共に生きる」社会において、「Pspo」で何ができるのか、スポーツの「する」「見る」「支える」について日々、考えています。一人でも「Pspo」を使うことで、障がいの有無に関わらず仲間が見つけられ、外に出ようとするきっかけを作って頂きたいと思っております。

 

 

風船バレーは大人も子どもも障がいの有無に関わらず、みんなで一緒に楽むことができます。
新着情報一覧へ