エッジプログラムのオーガナイザーとして、当初の企画の段階からずっとご指導・ご支援頂きました方から、応援メッセージをいただきました。

ありがとうございます!

がんばります!

 

(応援メッセージ)

エッジプログラムのオーガナイザーの立場で関わったものです。
受講生チームは、実際に病棟、施設に赴いて、リハビリを必要とする患者様の状況を観察するとともに、インタビューを行い、患者の思いを理解しました。
彼らは、患者様が、モチベーションを維持するのになにかが欠けていることに気が付き、コミュニケーションツールとして形にしました。
このツールが社会に出てほしい気持ちで、一杯です。なにとぞ、よろしくお願いします。(松橋俊彦)

新着情報一覧へ