クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

宇宙開発の未来のために!宇宙ゴミ観測人工衛星打上げへの挑戦!

宇宙機ダイナミクス研究室(九州大学工学研究院)

宇宙機ダイナミクス研究室(九州大学工学研究院)

宇宙開発の未来のために!宇宙ゴミ観測人工衛星打上げへの挑戦!
寄附総額
2,574,000

目標 2,000,000円

寄附者
149人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2018年09月08日 17:06

熱制御系進捗 -なぜ多くの人工衛星の表面は金色なのか -

こんにちは!修士一年の出水澤大悟です.

 

今回は人工衛星を設計・開発していくうえで熱制御系がどのような役割を担っているのかを説明していきたいと思います.

 

熱制御系の目標はミッション期間を通して,人工衛星に搭載された機器の温度を許容温度範囲内に制御することです.

 

軌道上における人工衛星の温度は,搭載機器による内部発熱および太陽光等の外部からの熱入力と,人工衛星からの宇宙への発熱量とのバランスによって決まります.

 

Q-Liはミッション期間中のほとんどで太陽光にさらされると考えられるため、いかに太陽光からの熱が衛星の内部に侵入することを防ぐかが重要になってきます.

 

ところで,なぜ人工衛星の表面は金色なもので覆われていることが多いのでしょうか.小惑星探査機「はやぶさ」にも用いられていたこの金色をしたものの正体は,「サーマルブランケット」というもので,外部からの熱を遮断する役割があるのです.金色に見えるのはサーマルブランケットの材料であるポリイミドフィルムの色だったのですね.

 

(画像:@JAXA 内之浦宇宙空間観測所)

 

このように,衛星の外表面にどのような処理を行うかが熱設計をするうえでとても重要になってきます。Q-Liでは特徴の異なる10個の熱制御素子を用意し,それぞれでシミュレーションを行うことで,最も適切な表面処理の仕方を選定しています.

 

興味があるかたはぜひ調べてみてください!

コメント等もお待ちしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

ギフト

5,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ

寄附者
37人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

10,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】報告書付き

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書

寄附者
56人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

30,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】メンバーご案内の天体観測会へご招待

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

50,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!開発現場への見学会ご招待

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待

寄附者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

100,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】試作機・衛星本体へのお名前

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待
◆試作機・衛星本体へのお名前記載

寄附者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

300,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】試作機・衛星本体へのお名前

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待
◆試作機・衛星本体へのお名前記載

寄附者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

1,000円(税込)

学生限定【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ

※こちらは学生限定のリターンとなります。

寄附者
41人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

プロジェクトの相談をする