プロジェクト終了報告

2017年09月07日

CDの発送を完了いたしました。

お待たせしておりました、中原蘭ファーストアルバム『COLORFUL TONE』発送を完了いたしました。

 

この4月から中原蘭が土音の運営に加わり、まずアルソ出版のオカリナクラシックのレコーディングに参加、そして、5月より本格的な演奏活動を開始いたしました。

 

リターンコンサートとしましては、中原蘭ひじおとコンサートとして、7月の『まつぼっくり』40名強、8月の『東京上野Untitled』70名弱のお客様をお迎えして、手ごたえを感じております。

 

今度の日曜9/10、美濃里庵での製作記念パーティを行い、ファーストアルバム完成のご報告をあらためてさせていただき、一応の節目となります。

 

都合があわず、コンサートの招待券、パーティの招待券をご利用いただけない支援者の方につきましては、今後もフォローさせていただきます。

 

また、限定コンサートは小中高等で実施を予定しておりますが、こちらも現在調整中でございます。

 

来年3月までの間にあと数回、コンサートもさせていただく予定でございますので、引き続き、こちらの新着情報、facebook、ツイッター、オフィシャルHPの情報をウォッチングしていただければ幸いです。

 

今後の活動としましては、さらに活動の幅を広げ、コンサート活動を継続・発展させるとともに、音楽制作、CD制作にも取り組んでいきます。

 

引き続き、ひじおとと、中原蘭の活動を応援いただければ幸いでございます。

今回のCD制作プロジェクトにつきましては、自分たちでやってみるとのコンセプトで、曲づくりから、レコーディング、ミキシング、マスタリング、ジャケット製作まで、すべて自前で実施しました。

 

幸い、多方面の才を結集することができました。その結果が『COLORFUL TONE』の中につまっております。

 

CD制作のみの実費は送料も含め、20万円ほどでした。レコーディングの設備、ソフト環境を整える費用それから、楽曲制作にかかわる費用の合計が約40万円です。

 

リターンのうちオカリナの販売が大きく、その資金を工房の運営費の一部として使わせていただきました。

 

常駐2名体制となり、まだまだ、赤字が続いておりますが、ここがふんばりどころです。

これからも頑張っていきたいと思います。

 

あらためて、ご支援まことにありがとうございました。

 

特定非営利活動法人 オカリーナ工房 土音  板垣洋一・中原蘭