親として支援者としてついつい思うこと

こんばんは!!

 

Reはーと えいる 管理者の山川です。

 

はやいものでこのプロジェクト終了まであと8日!!

 

これまで支えていただいている方々、ご覧になっておられるかた、大変ありがとうございます。

 

目標の100万円まであと35万円ほど

 

最後まで引き締めて頑張りますのでご覧になられたかたシェアお願いいたします(#^^#)

 

 

さて!

私事のお話ではありますが、

 

私には間もなく二歳になる娘がおります。最近、家族旅行で海に行きまして!

 

こちらの写真は宮城県亘理町荒浜でございます。

 

私が学生の頃仙台で過ごしておりましたから、荒浜にはよくいったのですが、

 

震災後初めての荒浜だったせいか、少し景色が変わっている気がしました。

 

ただ…海を眺めているといろいろ感じることも多いです。よくも悪くも元気づけられます。

 

 

 

旅行たのしかったですが、実は、娘は現在いやいや期真っ最中で妻と試行錯誤の日々でありますので…我慢もたくさんの旅行でした笑

 

日常生活では

保育園の先生方に助けてもらいながら日々過ごしているわけでありますが…

 

親とは言え、育てるというのは他の方々からのアドバイスや励ましがとてもありがたく、そして勇気をもらえると日々痛感しております。

 

 

皆さまいかがですか?

 

私はきっとこれからも夫婦共々他の方々から支えられながら過ごすのだろうな…と思います。

 

親としても支援者としても我々大人は子どもを育てる大切な役割を担っています。

 

どんな子供でも均等に日々は過ぎていきます

 

その日々に変化をもたらし成長を与えるのは大人次第なのかな?

 

少子高齢化のこの時代。社会保障問題や年金など将来が不安な状況で

 

私たちが子ども達にできるのは将来の日本のためでもあるのかもしれません

 

今回、大それた話になってしまいましたが、少しでも何かを感じていただけますとありがたいです。

 

現在えいるも先回お話したとおり、目標オープンからは遅れておりますが、ご期待に応えられるようめげずに頑張ります!!

 

最後までご支援いただき、シェアのほどよろしくお願いいたします。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています