皆さまこんにちは。澤田です。

 


開始、およそ1週間あまりで目標金額達成となりました。皆さまのおかげです!誠にありがとうございます!!

前回の大釜からの新着情報でもありましたように、ここからのネクストゴールが大切になってくると思います。

 

私たちだけでは出来ずとも、皆さまからのご支援ご協力があるからこそ、成し遂げられることがあるのだと思います。
 

最後までお付き合いよろしくお願いします!

 

 

私からは今回のプロジェクトを一緒に行ってくださっている、各パートナー様のご紹介をさせて下さい。

 


 

まずは京都紋付様のご紹介から。

 

 

 

 

京都紋付様は京都でおよそ100年以上も前からある染色の会社です。

日本の伝統的な正装である黒紋付だけを、染めてきました。

 

 

彼らのこだわりは「黒しか染めない」こと。

 


 


 

 

黒しか染めない、黒しか染められない。




 

そう断言する荒川さん。社内には京都紋付様にしか出せない「黒」がたくさん並んでいました。


 

今回の「黒」になるまでにも何度も何度も研究を重ねて下さいました。

 

 

エアバックへの染色は初めてだそう。。なかなかあることではないですよね(笑)

 


 

黒は黒でもはじめは紫がかった黒だったり、個体差によるムラがでたり。何度も何度も研究を重ねてくださった結果、今の深みのある「黒」へと辿り着きました。



 

今回お話しくださった荒川社長と息子さんである荒川優真さん。伝統を守ることは今の時代にあった生活様式を理解し、そこに自分たちが何ができるかを考えることが大切だと教えてくれました。

 

 

 


 

現在ではKUROFINEというブランドとして、私たちが普段着るような洋服の染め変えにも取り組んでいるそうです。


 

 

例えば汚れてしまった服

着なくなってしまった服



 

それらを黒に染め変えることで、再度使用する機会を増やしていこうというプロジェクトです。


 

眠っている服を黒に染め変える。新しいものを買うのではなく、新たな価値を与える。


 

まさに今の時代に合わせながら伝統文化を守るということなのだと思いました。

 

京都紋付様の100年以上築いてきた「黒」を皆さまにお届けすること、とても楽しみです。

 

 

 

 

株式会社京都紋付 http://www.kmontsuki.co.jp/

新着情報一覧へ