がんが分かる本、お蔭様で完売しました、が。。。

皆様

 

すっかり、ご無沙汰しております。

『がん研が作った がんが分かる本』の再版でご支援いただいたロハスメディアの川口です。お変わりございませんか?


さて、お蔭様で、昨年2月に出版した対象書籍は今年3月までで、初刷の5000部が完売いたしました。

ありがとうございました。

 

が、5000部売れるのに1年以上かかったことから、前回同様、普通に増刷しても採算に合わなそうな上に、その間に「免疫チェックポイント阻害剤」という極めて画期的な効果の薬が承認され、その情報が載ってないのでは書籍としての価値が落ちることから、単純な増刷は今回も見送ることになりました。

 

ムカっ、としかけたでしょうか。

ご安心ください。絶版には、いたしません。


ただし、さすがに反省しました。

①売り切れても増刷できないのでは、800円という価格設定が安過ぎた。

②書店の一般書コーナーに並ばないのでは、書籍の価値が伝わらない。

また、反省点ではないのですが、本気で書店に売ってもらおうと考えるなら、B5版というカサ張る版型はやめた方がよいとのアドバイスももらいました。

 

以上を踏まえて、免疫チェックポイント阻害剤を解説する章を加えた上で版型を書籍として最も一般的な四六版に変更(その分、ページ数は倍以上になりました)、多少売れ行きがゆっくりでも増刷できる1200円に価格変更、教育書・児童書で35年の歴史を持つ出版社「星の環会」と提携し同社の書籍として販売してもらうことで書店流通網を確保。3度目の正直を期します。

発売日は8月19日!

(ISBN:978-4-89294-558-8)

皆様、中身がどういう感じのものかはよくご存じと思います。もし、がんでお困りの方が身近にいらしたら、お勧めいただけると幸いです。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています