READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

震災後唯一復旧した気仙沼の海水浴場に新しい水難救助艇を配備!

震災後唯一復旧した気仙沼の海水浴場に新しい水難救助艇を配備!

支援総額

1,051,000

目標金額 996,000円

支援者
54人
募集終了日
2015年2月24日
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2015年02月13日 23:45

残り10日!あと560,000円【活動を続ける理由 第2章】

皆さん。こんばんは。

 

昨日の投稿はコメントを多く頂いたり、Facebookにてシェアを頂きありがとうございました。

皆さんのご協力のおかげで、到達率が40%を超えました。

高校時代、海にばかり通い続け、大変な迷惑を掛けた同級生からも支援をもらい、恐縮ばかりの小さな自分です。

 

今日は、私がライフセービングを続ける理由のつづきについてお話しましょう。

 

『人を育てるということ』

 

 

 

 

気仙沼ライフセービングクラブは東日本大震災から8ヵ月後の2011年の11月に設立されました。

 

設立といっても、当初はライフセーバーが2人のただの集まりでした。

海も無く、プールもなく、人もなく、私たちは活動の拠点も、活動機材も何も持っていませんでした。

 

車で1時間以上掛かるスイミングスクールのプールなどを、さまよいながら練習しているうちに、一関市藤沢町(当時は藤沢町)のB&G海洋センターのプールが再開し、そこを練習拠点に最初はただ単に水泳の練習をしておりました。

 

そんな時、隣のプールでお母さんと一緒に泳いでいる小学生を見つけました。

あまり子供たちが泳ごうとしていなかった震災後の時期。

 

その珍しさに単純に興味を引かれ、いつの間にか、その親子に声を掛けていました。

 

これが、気仙沼ライフセービングクラブの「ジュニアライフセーバープログラム」の先駆けでした。

 

 

自らの命を守る方法を身に付け、大切な人の命を守ることの出来る子どもを育てたい。災害に負けない強い人を育てたい。

 

気仙沼ライフセービングクラブは、人を育てるため、未来のライフセーバーを育てるために産声をあげたのです。

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

1:サンクスレターと年度報

支援者
29人
在庫数
制限なし

10,000

alt

1に加えて
2:年度報にお名前を掲載(希望者)
3:クラブオリジナルカレンダー
4:監視員のじいちゃん達が作ったビン玉ストラップ

支援者
24人
在庫数
制限なし

30,000

alt

1、2、3、4、に加えて
5:監視員のじいちゃん達が作ったビン玉(直径8cm)
6:進水式へのご案内(2名)
7:クラブオリジナルポロシャツ
8:ボーンストラップ(フィッシュフック型)

支援者
5人
在庫数
制限なし

50,000

alt

1、2、3、4、5、6、7、8に加えて
9:ボーンネックレス
10:フカヒレスープ1箱

支援者
0人
在庫数
5

100,000

alt

1、2、3、4、5、6、7、8、9、10に加えて
11:気仙沼市内観光案内(2名様まで)
12:気仙沼発の本格エスプレッソコーヒーショップ、アンカーコーヒーさんのコーヒーギフトセット

支援者
3人
在庫数
1

プロジェクトの相談をする