READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

元保護犬"リース君"の命を助けて下さい

ヤマダカホ

ヤマダカホ

元保護犬"リース君"の命を助けて下さい
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月24日(日)午後11:00までです。

支援総額

899,000

NEXT GOAL 1,500,000円 (第一目標金額 800,000円)

112%
支援者
136人
残り
21日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月24日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

達成のお礼とネクストゴールについて

 

 

この度はたくさんのご支援、ご協力をしていただき本当にありがとうございました🙇‍♀️

6/13に最初の設定金額である80万円を達成をすることができました😭✨

金銭面のご支援だけではなく、リースや私達への沢山の温かい応援メッセージを頂けたことも大変救われました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 

 

 当初の目標は達成させて頂くことができましたが、僭越ながら実施期間がまだ十分に残っている事と、

readyforへの手数料12%が引かれる事、

そしてリースは手術が最低でもあと2回、また継続的な治療が必要

になってしまう為、ネクストゴールを目指して継続させていただきたいです🙇‍♀️

 

 

これまでの医療費

*血液検査、CT検査、入院費等...714124円

*手術、血液検査、入院費等...579160円

*抜糸、血液検査、薬費等...31390円

         

        合計1324674円

 

 

今後について

 

7/19に病院にて事前検査をして、問題がなければ8月に2度目の手術を行います。

その後様子をみて10月に事前検査をして、同じく問題がなければ11月頃に3度目の手術を行います。

今後2回の手術が予想され、手術費だけでも130万円ほどかかる見込みです。

さらに関節炎や脳萎縮の治療もはじまります。

 

 

ネクストゴールは150万円とさせていただきたいと思います🙇‍♀️

残りの募集期間に頂いたご支援も全てリースのために使わせて頂きます。

今までもたくさんの応援やご支援をいただいてきましたが、またのご支援をお願いすることになってしまい、大変申し訳ございません。

これからリースが元気に楽しく暮らせて行けるように最善をつくしていきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️✨

 

仮にネクストゴールの金額を達成できなかった場合も、自己資金を元に実施はさせていただく予定ですが、皆様からの多くのご支援いただけますと幸いです。最後までどうぞ宜しくお願い致します。

 

▼自己紹介

 

初めまして。数ある中からこのページをご覧いただきありがとうございます。

 

この度4月18日で1歳になったスタンダードプードルの「リース君」を家族に迎えた飼い主です。

 

 

 

 

リース君はスタンダードプードルですが、12キロしかない小さな身体で難病と闘っています。

 

リース君の命を助けるべくご支援をしていただけますよう、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

とある特定非営利活動法人で保護シェルターの里親募集サイトを拝見していたところ、

 

 

 

門脈体循環シャントを抱えている1歳のスタンダードプードルの「リース君」と出会いました。

 

 

通常成犬になると20キロ以上になる大きさに成長するはずの犬種ですが、

 

リース君は12キロしかありません。

 

またこの病気を治すには外科的手術が必須になってきます。

 

しかし、このシェルターでは他にもたくさんのわんちゃんやねこちゃんがいる為、充分な治療を受けられていないのが現状です。

また難病を抱えているため、今日まで里親様が現れずいました。

 

リース君は点滴や薬を投薬し生き長らえております。

しかし手術を受けなければ、もって半年程の命と言われました。

 

完治させる治療法は外科的手術を受けることです。

 

私が出会ったタイミングは遅かったとも思いますが、どうしても見過ごすことが出来ず直ぐに会いに行ってきました。

 

そしてその保護団体の方から、

 

以前にもリース君と同じ病気を抱えていたわんちゃんがいたのですが、2歳になる前に亡くなってしまった

 

というお話しをお聞きしました。

 

私はリース君にその子の二の舞になってほしくないし、その子が生きることができなかった分助けることができるのならば助けたいと思いました。

わずかな可能性ですが救えることを信じ、リース君に生きる喜びを知ってほしい

と思い今回家族に迎えいれる決心をしました。

 

 

 

しかし、手術や治療には多額のお金が必要になってしまいます。

また完治するとは限りません。

また完治した場合でも、この先治療が続きます。

 

今回クラウドファンディングにてリース君の命を守る一心で立ち上げさせていただきました。

 

 

先天性門脈体循環シャントとは〜 

 

(PSS:Portosystemic Shunt)略されて門脈シャントやPSSとも呼ばれています。原因としては遺伝的素因が強いといわれています。

本来、腸(消化管)から吸収された栄養や毒素(アンモニア)は門脈という静脈血管から肝臓に運ばれ処理されます。

 しかし、門脈シャントの犬は、門脈血管の途中に枝分かれしたシャント血管(図B:赤い血管がシャント血管)ができてしまっているので、そちらに栄養や毒素が流れ込んでしまうのです。

肝臓の血管はフィルターのように細くなっているので流れやすいシャント血管の方にどうしても流れ込んでしまいます。 

この門脈と全身の静脈の間をつなぐ余分な血管(シャント)が存在することにより、肝臓で無毒化されるべき有害物質が処理されないまま直接全身を回ってしまい、さまざまな症状が引き起こされる病気です。

 正常であれば、胃腸からの血液は門脈(もんみゃく)と呼ばれる専用の血管を通じて肝臓内に入り、そこで解毒を受けて全身を巡る血液循環、すなわち「体循環」に合流します。

しかし、シャントにおいては門脈から体循環につながる血管に近道が出来てしまっているため、解毒を受けていない血液がそのまま体循環に混入してしまいます。 

その結果、有害な物質が体の各所に届くようになり、様々な弊害を生み出すと同時に、肝臓が栄養失調に陥って小さく萎縮してしまいます。

 

参照:https://www.koinunoheya.com/byouki/syoukaki/kansui/shunt.html   

参照:https://www.oji-pet.jp/case01.html 

 

 

リース君の命を救うには必要と動物病院の先生に告げられました。

現在のリース君は毒素が分解できず真っ直ぐ歩くことが困難で体の制御も効きません。

さらに手術を行わないと完治は無く、いつ発作が起きるか分からないのが現状です。

リース君の場合、2.1㎝にもなる異常血管になるため最低3回は手術が必要と言われました。

 

 

今の私だけの力ではリース君の命を完全に救うことが困難なため、

リース君の命を救うべく、皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

※プライバシーの保護の為、病院名は伏せさせていただきます。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 

ご支援くださった金額は全てリース君の手術費用・検査費用・治療費として使用させていただきます。

 万が一リース君が亡くなってしまった場合につきましても、いただいた支援金については、これまでの治療費に当てさせていただきます。

 

今後の費用のご報告や、リース君の様子はインスタグラムにて活動報告をご連絡させていただきます。

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

Instagram

http://www.instagram.com/riismama1

 

 

 

尚、本クラウドファンディングに関するお問い合わせは以下までお問い合わせ下さい。

kyahotasu@gmail.com

 

 

 

 

ーーーーーーーー
本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:◯◯

READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
▶︎ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え(https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/
ーーーーーーーー

プロジェクト実行責任者:
山田香帆
プロジェクト実施完了日:
2022年8月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

リース君(スタンダードプードル•1歳)の門脈体循環シャント及び神経症、皮膚炎に対する手術費用と治療費に使用させていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差は自己資金にて対応致します。

プロフィール

ヤマダカホ

ヤマダカホ

愛知県在住です。 大病を抱えているわんちゃんを救いたく、家族に迎えました。

リターン

500+システム利用料


リース君の応援①

リース君の応援①

感謝のメッセージを送らせていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

1,000+システム利用料


リース君の応援②

リース君の応援②

感謝のメッセージを送らせていただきます。

支援者
37人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

3,000+システム利用料


リース君の応援③

リース君の応援③

感謝のメッセージを送らせていただきます。

支援者
35人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

5,000+システム利用料


リース君の応援④

リース君の応援④

感謝のメッセージを送らせていただきます。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

10,000+システム利用料


リース君の応援⑤

リース君の応援⑤

リース君の写真と共に、感謝のメッセージを送らせていただきます。

支援者
38人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

30,000+システム利用料


リース君の応援⑥

リース君の応援⑥

リース君の写真と共に、感謝のメッセージを送らせていただきます。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

50,000+システム利用料


リースの応援⑦

リースの応援⑦

リース君の写真と共に、感謝のメッセージを送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

100,000+システム利用料


リース君の応援⑧

リース君の応援⑧

リース君の写真と共に感謝の手紙を送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

200,000+システム利用料


リース君の応援⑨

リース君の応援⑨

リース君の写真と共に、感謝の手紙を送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

プロフィール

愛知県在住です。 大病を抱えているわんちゃんを救いたく、家族に迎えました。

あなたにおすすめのプロジェクト

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい のトップ画像

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい

ピースウィンズ・ジャパンピースウィンズ・ジャパン

#子ども・教育

継続寄付
総計
4人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする