本日4月27日より

【小田原市早川の荒れた耕作放棄地を、桃の花で満開にするためのプロジェクト】がスタートされました。

私たちは「耕作放棄地をなくそう!」というテーマを元に活動を始めました。

 

人口減少や少子高齢化における地方経済の衰退は、空家の増加や耕作放棄地の増加として社会問題になり、私たちの生活に影響を及ぼしています。

そんな社会問題をただ傍観するのではなく、地元の若者が真剣に考え、改善するためのアクションを起こしていくことが重要だと考えています。

 

多くの問題が、全て簡単に解決できるわけではありませんが、物事には様々な考え方があり方法論があると思います。

例えば空家に関して、ただそこに住むということのみではなく、セカンドハウス、ゲストハウス、地域スペース、託児所、室内栽培、お店のトライアルスペースなど、その時その地域にあった活用の仕方が必ずあるはずです。

 

今回の耕作放棄地のプロジェクトに関しても同じように、その地域にあった運営の仕方があると思いますが、私たちは丘の上という立地を活かすことを考え、景観が楽しめる桃を植えることにしました。

 

この他にも小田原にはたくさんの耕作放棄地があり、日本全国でも同じことが言えます。

貴重な資源を途絶えさせることなく未来に残していく活動を、多くの若者と共有していければ嬉しいです。

本日から活動内容をこちらで報告させていきます。

みなさま応援よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ