クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

第2弾【佐賀県海外使節団】アメリカ西海岸で起業家精神を学ぶ!

幸田 彩花

幸田 彩花

第2弾【佐賀県海外使節団】アメリカ西海岸で起業家精神を学ぶ!
支援総額
608,000

目標 500,000円

支援者
53人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2015年03月07日 17:22

三日目!

 年度末でバタバタしており、更新ができておらずすみません。

私の学校では、もうすぐ卒業式を迎えます。5日目までの投稿がされていますが、本日は三日目の呉さん投稿を紹介します!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 今回の文責は呉文です。午前中は私の希望の訪問先だったStanford MBAの授業に参加してきました。学部生にもかかわらず、何故MBAの授業に伺ったのかというと多国籍の中である一つの問題に対してどのようなアプローチをするのかを実感したかったからです。授業の方式はディスカッション方式で、授業内容はアメリカの教育制度についてでした。実際に授業を受けた感想は「私もこの環境にいたい」と強く感じました。というのは、やはり多国籍の環境で、ひとりひとりが、違う視点を持って発言していており、それに対しての先生の受け答えも、ひとつひとつがとても印象に残る物でした。また彼らは雰囲気、話し方、受け答え、まなざしが洗練されており、私もいつか彼らのような情熱を持った人間になりたいと考えました。

 

 

 午後はSebastopolにて、まずフェアトレードで有名なGuyaki社、高校生主体の団体Ceres Communityを訪れました。この二者に共通して言えたのは、金儲けのような利益目的ではなくて自分の信じる道を信じて社会に貢献できる形での働き方でした。前者に関して、現在は大量生産、低価格が私たちの生活の中でメジャーですが、「フェアトレード」と言われる新しい考え方、生産者に最低賃金で働かせるのではなくて、教育支援のような形できちんとした賃金と環境提供、一方で消費者には、体に悪くない、オーガニックの食品を提供するというどちらにも有益な考え方があります。近い将来、フェアトレードの考え方が人々の中で教育によって一般化され、さらにコーヒーに関す大企業が全部は難しいですが、例え、1%でもフェアトレードにやり方を変えるなら、私たちの生活の質は良くなると教えていただきました。後者に関してはファストファードのような若者に人気ですが体に良いとは言えない物ではなく、対話を通して「食」について考え、自分達の手で直接オーガニックフードを作る試みをしています。ここで働いている大人は殆どがボランティアでした。以上のことからボランティア精神で利益目的ではなく社会に貢献する姿勢には驚かせられました。

 また、セバストポールという町で日本人としてまた日系アメリカ人の子供を持つ水谷ご夫妻にお世話になりました。まず奥様の水谷めぐみさんがされている活動をお聞きしました。様々な活動をされている契機はアメリカ国籍の子供の存在です。彼は日本語がネイティブではありません。しかしながら日本のことが大好きだそうです。私が印象に残ったのは、日本の文化伝承に関しては日本人、アメリカ人、誰がするのかは関係ない。日本のことを好きになってくる人がもっと増えてくれることを目標に掲げて活動されていることでした。また、アメリカで戦時中、戦後、日系人は差別がありました。日系人の人権を守るために団体を立ち上げ、差別を乗り越え、現在は日系人ではなく、黒人やヒスパニック系の方の人権活動をされ、活動内容が変わりました。また、日系人の歴史を伝える活動もされています。その背景には、日系人の負の歴史をぶり返すのではなく、この歴史を二度と繰り返さないようすることを目的としています。

 最後にディナーを水谷さまの旦那様(以下水谷さま)といただきました。水谷さまは「佐賀って何が誇れるの?」という問いを私たちに投げかけてくれました。水谷さまのアドバイスとして、「葉隠の精神」を生み出したように佐賀は歴史的に偉人を輩出し、他の県と違って人材が特出しているのではないのか、それは規模的にもシンガポールに似ている、という新しい佐賀を見る視点を教えていただきました。佐賀出身の私以上に佐賀のことにお詳しかったので驚きました。外国人に「where are you from?」と聞かれた時に、ただ、「Japan,Saga」と答えるのではなくて、佐賀について説明できるようになる必要性を訴えました。そしたら印象が強くなって次から次へと口コミで佐賀の良さが外国人の間で伝わる。

 以上、本日の流れでした。睡眠時間がほとんどなく体力の限界を感じていますが、アメリカでの一秒一秒が刺激的で得られるものが大きいです。ですので最大限にこれからも楽しんでいきたいです!呉文でした!

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・5期生からサンクスメールをさせて頂きます。
・佐賀県海外使節団2015年の報告書を差し上げます。
・3月下旬に佐賀で行われる報告会へご招待致します。

支援者
15人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3000円の引換券の内容に加えて
・佐賀のお菓子詰め合わせをプレゼント致します。
・2011年~2014年(1期生~4期生)の成果報告書を差し上げます。
・支援者様のお名前を報告書、ホームページに掲載させて頂きます。

支援者
13人
在庫数
17

10,000円(税込)

3000円の引換券の内容に加えて
・アメリカでのお土産をプレゼント致します。
・2011年~2014年(1期生~4期生)の成果報告書を差し上げます。
・支援者様のお名前を報告書、ホームページに掲載させて頂きます。

支援者
20人
在庫数
10

30,000円(税込)

お菓子付き10000円の引換券の内容に加えて
・佐賀県の有田焼をプレゼント致します。
・東京、関西、佐賀で行われる懇談会へご招待させて頂きます。

支援者
3人
在庫数
17

30,000円(税込)

アメリカ土産10000円の引換券の内容に加えて
・佐賀県の有田焼をプレゼント致します。
・東京、関西、佐賀で行われる懇談会へご招待させて頂きます。

支援者
1人
在庫数
19

50,000円(税込)

(企業様向け)
お菓子付き30000円の引換券の内容に加えて
・支援してくださった企業様の広告を報告書、ホームページに掲載致します。
・3/8にアメリカで行われる佐賀県人会110周年記念式典にて宣伝ブースを設置いたします。

支援者
1人
在庫数
9

50,000円(税込)

(企業様向け)
アメリカ土産30000円の引換券の内容に加えて
・支援してくださった企業様の広告を報告書、ホームページに掲載致します。
・3/8にアメリカで行われる佐賀県人会110周年記念式典にて宣伝ブースを設置いたします。

支援者
0人
在庫数
10

プロジェクトの相談をする