はじめまして。三重県の唯一の女子校である、セントヨゼフ女子学園中学校・高校の生徒会の青井です。

70万円の目標金額を目指して72日間のクラウドファンディングがはじまりました。 

はじめての挑戦となるクラウドファンディング。今日まで、多くの方々からアドバイスをいただきながら準備をしてまいりました。私たちの活動の目的は主に次の3点です。フィリピンのホーリーファミリー校には、貧困家庭の子供たちが通っています。学校の施設・設備などが整っていないため、安心して勉強できる環境を作ってあげたいと考えています。シエラレオネには本校とコネクションのあるシスター吉田が子供たちの教育の普及のために日々励んでおられます。現在は、遠方から通う生徒たちのために寮を建設しておられ、少しでもそのお力になれればと考えています。東北は東日本大震災から出た多くの瓦礫がまだ残っており、今だに完全に復興していない現状を本校の生徒がみて、持続的に復興支援の手助けをしたいと考えています。

先月の10月20日、本校では「ウォーカソン」という活動を行いました。「ウォーカソン」とはこのクラウドファンディングで募る寄付と同様、シエラレオネ・フィリピン・東北の支援のために行うボランティア活動です。参加者は決められた10キロメートルのコースを歩き、終わってからその行為に対して、自分で探したスポンサーの方から約束しておいた金額のお金を支払ってもらい、それを募金するものです。今年で33回目となりました。今までは、本校の生徒・卒業生・先生・保護者・協賛企業の方々の参加のみでしたが、今年からは初めて一般の方々の参加も募りました。ウォーカーとしては約560人が参加しました。スポンサーは延べ約2200人以上の方にご協力いただきました。

 

⬆️今年(2018年10月20日)のウォーカソンの写真

 

そして私達、生徒会役員(8人)の意気込みやなぜクラウドファンディングを始めようと考えたのかを新着投稿であげていきたいと思っています。また、これまでの支援先の現状などについて、これからあげていきます。

これからも皆さまのご協力をお願いいたします!

 

新着情報一覧へ