みなさんこんにちは。今回は学園会議長の大原が担当します。

⬆️大原

本校は先日行われたクリスマスキャロル合唱コンクールを始め、クリスマスページェントなどで、クリスマス一色になっています。

12月は祈りを通して世界平和について考える良い機会だと感じています。私がそのことを強く感じるクリスマスの曲があります。

それは、Stevie Wonderさんの「Someday at Christmas」という曲です。私はこの曲で「クリスマスが何の為にあるのか、そして人生の本当の価値を学んだときに世界が平和になる」というとても大事なことを教えてもらいました。クリスマスといったら、家族と一緒に温かい部屋で、クリスマスの美味しい料理を囲みながら他愛のない話を楽しんだり、プレゼントをもらったりと幸せな時間を過ごす。それが当たり前と思っている人も多くいると思います。でも、世界にはそのような幸せな時間を過ごせない子供たちがたくさんいます。日々を限られた食事で必死に生き、家族を養うために学校に行かず、一日中働いている子供たちもいます。私たちはそんな子供たちが、いつか幸せなクリスマスを過ごせることを祈って、ウォーカソンを行っています。世界中の人が幸せなクリスマスを過ごせるように、一人でも多くの方が私たちの活動を支援していただけると嬉しいです。

みなさんにとって幸せなクリスマスとなりますように。

 

 

新着情報一覧へ