先日は大阪で痛ましい事件がおこり、非常に悲しく絶望感を抱く事件がありました。

 

 

我が国 日本では、現在少子化の中

まだまだ生まれてくる子供たちがいます。


小学生の登下校中の際

犯罪や交通事故などに巻き込まれて

いる子供たちも少なくない現状です。

 

防犯ブザーをぶら下げていますが

両手の手荷物を持っている状況下の中で

すぐに鳴らせないのが現状です。

 

このサンドセルは

両手の手荷物を持っていてはすぐに防犯ブザーを鳴らせない

というのがアイディアのきっかけとなりました。

 

今一度  もっと世の中の親御様たちが

危険にさらされている子供たちに関心をもっていただきたいと

切に願います・・・・。

 

今の世の中は 女の子、男の子関係なく事件や事故などに

巻き込まれ、なんともいたたまれなく悲痛な事柄が続いております。

だからといって「サンドセル」があれば安全というわけではなく

もっともっと 親御様たちが常日頃から子供たちに目を向けてほしいと

ということを訴えたいのです・・・。

 

とは言うものの・・・・

最近では、知らない大人が声をかけると

色々と問題が起こる時代・・・・・

そういった問題点も、もっと地域全体で子供たちを守る会など作れるような

地域社会を実現しなければならないと思います・・・・。

 

 


これから未来ある数少ない子供たちを、


どうか世の中の皆さまの方々・・・・。


注意深く・・・・


根気よく・・・・


暖かい目で・・・・

 

子供たちを見守ってくださいませ・・・。


よろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ