玄米甘酒はお料理にも使えます!

昔、お砂糖がとても貴重な時代には、玄米甘酒は砂糖代わりの調味料としてとても重宝されていたそうです。麹と玄米さえあれば、家庭でも作れるものですから、昔から日本の食生活に密接した関係にありました。ですが、近年、砂糖やジュースなど、簡単に甘いものが手に入るようになり、玄米甘酒はだんだんと廃れるようになってしまったのではないでしょうか。

 

白金台にあるカフェSABOU SIGAでは、知人が期間限定でSABOU SIGA〜bail〜として営業をしております。こちらでは、玄米がユメヲミタを料理に使っていただいているのです!!というわけで先週の土曜日に行われた「秋の会」に参加してきました。

 

なんと、9品もの素敵なお料理お料理を出していただきました。
◎かぶ・柿のゴマクリーム和え
◎里芋・クリ・鶏の秋巻
◎サツマイモ(石川県 五郎島金時)・キノコのテリーヌ
◎かぼちゃでラクレット風
◎旬菜淡雪鮓
◎湯葉・白菜のアジアンサラダ
◎牛蒡・落花生・春菊のラペ
◎すぐき・リンゴのトマトリゾット
◎焼豚
◎ブリの西京焼き
◎カブの炒め物
◎栗ご飯
◎デザート


どの料理も本当に手が込んでいて、味付けも繊細で、たまらなく美味しかったです!お砂糖の代わりに「玄米がユメヲミタ」を使っている料理も、優しい甘さと柔らかなコクがあって、玄米甘酒の可能性を強く感じました!サラダにもお魚にも合うし、なんでもござれですねー。ただ、全て美味しくて、残念ながら写真を撮るのを途中からすっかり失念しておりました・・・。

 

 

 

このように、今の時代にも玄米甘酒は普通に調味料として使えます。逆に、砂糖よりも体への刺激が少ないので、健康的な甘みとしても注目されています。

 

このような食の現場でも、玄米甘酒の魅力をしっかりとアピールしていきます!!

 

 

 

SABOU SIGA〜bail〜のオフィシャルサイト
→http://bail-cafe.jimdo.com/

新着情報一覧へ