加賀棒茶とは、石川県加賀市で生まれた品質の高いお茶です。色は、ほうじ茶のような琥珀色。通常のほうじ茶は茶葉を焙じるのに対し、加賀棒茶は新茶の茎を浅く焙じて作ります。香ばしい棒茶の香りと、すっきりとした飲み心地が特徴。ほのかに、まろやかな甘みを感じるので、季節を問わずおいしく飲むことができます。

その中でも最高品質の「献上加賀棒茶」を生産しているのが、加賀市動橋町の「丸八製茶場」。かつての「ほうじ茶」は、芯にまで火を通すにはかなりの火力が必要となるため、表面が黒く焦げ、その焦げ香によって画一的な味になっていました。

1983年、石川県で全国植樹祭が開催され、昭和天皇がご宿泊されるホテルから、最高のほうじ茶を納入してほしいとの依頼が「丸八」さんにあったそうです。そこで、「丸八」さんでは、途方にくれながらも、ほうじ茶に適した納得のいく茎をさがしもとめ、芳ばしさと力強い味が一番いい状態で出せるように研究を重ね、ついに「献上加賀棒茶」が誕生したのだそうです。昭和天皇はこのお茶をお気に召され、残った棒茶をお持ち帰りになられたとのことです。

 

現在、大聖寺を代表する創業120年の老舗菓子舗・芳月堂と聖城高校生がコラボして、参勤交代記念和菓子「大聖寺藩参勤交代」加賀棒茶味を開発中です。

先日私も味見させてもらいましたが、甘すぎない大人の味といった感じでした!

今後も、さらに風味を出す等の改良を行っていきます。ご期待ください!

新着情報一覧へ