ミンダナオ島マガリャネスの子供たち

 

 私が代表を務めるNPO法人エンチャイルドは、主に途上国の貧困の子供たちへの個別の奨学金支援を行ってきました。しかし、より多くの子供たちへの教育支援を行おうとすれば、やはり学校単位、地域単位での取り組みを増やすことが必要だと痛感しています。

 支援を必要としている子供たちはたくさんいます。しかし支援を可能にするための資金調達が十分ではありません。

 

 私たちの目指す教育支援は、経済援助がゴールではありません。経済援助とともに子供たちに夢と希望、勇気と元気を与え、自助と自立の精神を喚起したいと考えています。さらに、支援のための活動を通じて、共助と共生の価値が大事であることも子供たちや保護者、関係者に発信しています。支援先への年に一度の訪問と受益者との交流も、その意味で大切な活動となっています。

 

 私たちのWebサイトに奨学金支援の受益者の生の声を動画でアップロードしました。教育支援の成果の一端を感じ取っていただけるかもしれません。ぜひご覧になってみてください。

http://enchild.org/voice/beneficiary_voice_2

 

 「エンチャイルド」の団体名は、「世界の子供たちを元気にしたい」という願いを込めた造語です。私たちは、夢と希望を持って成長する子供に導く奨学金支援を、図書支援や学校設備支援、給食支援においても実現していきたいと思っています。教育支援を通して、一人でも多くの子供たちに勇気や希望を与えていきたいと考えています。そのために皆さまの応援とご協力を必要としています。

 

 プロジェクト名は「国境を超えてプレゼント! 世界の子供たちのサンタになりませんか?」。フィリピン、インドネシアの子供たちに夢と希望を届けるために、給食支援・図書支援・教育設備支援に取り組みます!

 

 あなたも子供たちに夢と希望を届けるサンタクロースになりませんか!

 

新着情報一覧へ