コーヒーの味をいろいろ試したいならカッピングに参加するのがオススメです。

カッピングというのは簡単にいえばコーヒーのテイスティング。


日本でもたくさんのカフェやコーヒーロースターさんがカッピングを開催されています。

カッピング

 

メルボルンでも毎週どこかのカフェでコーヒーのカッピングが行われています。
バリスタはもちろん、コーヒーに興味のある方もたくさん参加されています!

 

コーヒーの品質はもちろん良いですし個性を大切にして焙煎してるのでそれぞれコーヒーによって香りも味も違います。

 

僕達バリスタにとっては味を表現するトレーニングでもあります。
もちろんただ味の違いを楽しむだけでもOKです!

 

行程としてはコーヒーを、
1. 豆を挽いただけのドライの状態で香る
2. お湯を注いだ状態で香る
3. カッピングスプーンをつかってすすり、酸味や甘みなどのコーヒーの味をみる

 

こんな感じです。

この時コーヒーは口に一回含んだあと吐き出します。

 

ロースターさんはこれを何回も繰り返し、クオリティのチェックをしています。

実は以前、日本のコーヒー豆を数種類カッピングさせてもらえる機会がメルボルンでありました。

 

この時今までで飲んだ事ないくらいコーヒーの個性が溢れてるコーヒーに出会った事を鮮明に覚えています。

 

ブラジルのコーヒーでした。

 

ブルーベリーやパイナップルのような酸味にシロップのような甘み。
ものすごくフルーティな香りがありつつもカカオのもつ独特な香りも持ち合わせている。

今まで出会った事のないコーヒーでした。

 

素直にコーヒーって本当に面白いなと思いました!
みなさんも機会があったらお近くのカッピングへ足を運んでみて下さい。

 

引き続きSC Melbourneの応援もよろしくお願いします!

新着情報一覧へ