クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

タイのエイズ孤児院が運営する宿泊施設にコミュニティスペースを

寺崎  由美子 (えしか 代表)

寺崎 由美子 (えしか 代表)

タイのエイズ孤児院が運営する宿泊施設にコミュニティスペースを
支援総額
1,743,000

目標 1,300,000円

支援者
117人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2014年05月10日 13:56

“shala”のこと

ゲストハウス担当の松井聡美です。


夏、真っ盛りのチェンマイから、みんなが集まるスペース”shala”を建築予定のゲストハウス、hoshihana villageと担当の大工さんの紹介をいたします。

 

ここhoshihana villageは、チェンマイ市内から車で30分、緑あふれる田園風景に囲まれたナンプレー村に位置しています。


風の音を聴き、緑や花の香りを感じ、鳥の声とともに目覚める。


自転車で田舎道を散策し、市場で旬のフルーツやお野菜を買って調理すること、プールサイドで本を読むこと、ゆったりとした時間を大切にする、駆け足ではない旅行を愉しむ方のためのゲストハウスです。


そして、滞在費はバーンロムサイの子どもたちのために使われ、「泊まって支援する」仕組みになっています。

 

そんなhoshihana villageにshalaを建築するという計画は、自然なことだと感じています。


自然と溶け込んだ伸び伸びとした空間で、ヨガや瞑想、マッサージを、愉しんでいただきたい。そして、愉しんで頂きつつ、支援につなげていく。それが私たちの願いです。

<shalaの建設予定地>

<建設予定地の場所>

<shalaのラフな設計図と作業工程>

shalaは、いままでhoshihana villageの全ての建物を担当してきた地元の大工、チャイさんチームによって建てられます。最近は、バーンロムサイの16歳の男の子、オンとタンも修行中。厳しいながらも暖かいチャイさん、先輩達の指導のもと、彼らも成長することでしょう。

 

shalaの建設に大工チームとして携わることによって、子どもたちの自立につながり、その先のバーンロムサイへの支援になります。


そのような仕組みに賛同していただけますよう、ご支援をよろしくお願い致します!

<shalaを作る大工さんチーム。白いシャツが棟梁のチャイさん>

松井聡美

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・このプロジェクトの報告書
・hoshihana village ポストカード

支援者
32人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・このプロジェクトの報告書
・hoshihana village ポストカード
・ネコマグネット
・ネコカード
・ネームプレートへのお名前記載

支援者
67人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

・このプロジェクトの報告書
・hoshihana village ポストカード
・ネコマグネット
・ネコカード
・ネームプレートへのお名前記載
・チャリティ・ベア

支援者
8人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・このプロジェクトの報告書
・hoshihana village ポストカード
・ネコマグネット
・ネコカード
・ネームプレートへのお名前記載
・チャリティ・ベア
・ちぢみガーゼ ハンカチ

支援者
5人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

・このプロジェクトの報告書
・hoshihana village ポストカード
・ネコマグネット
・ネコカード
・ネームプレートへのお名前記載
・チャリティ・ベア
・ちぢみガーゼ ハンカチ
・子どもの絵のノート

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

・このプロジェクトの報告書
・hoshihana village ポストカード
・ネコマグネット
・ネコカード
・ネームプレートへのお名前記載
・チャリティ・ベア
・ちぢみガーゼ ハンカチ
・子どもの絵のノート
・ちぢみガーゼ ブランケット

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする