こんにちは。太田真緒です。

2月に始まったクラウドファンディングもあと5日となりました。
みなさまのご支援・ご協力に心より感謝申し上げます。
最後の最後まで全力で頑張り抜きますので、
どうぞよろしくお願いいたします!



私からは今回、口永良部島について少しお伝えしようと思います。
読み方は「くちのえらぶじま」もしくは「くちえらぶじま」です。

私が口永良部島に初めて行ったのは去年の3月。
父と2人で旅行に行ったのがきっかけです。

屋久島からフェリー太陽に乗って約2時間。
真っ青な海の先にゴツゴツした山肌の島が見えてきます。

口永良部島は「緑の火山島」とも呼ばれるほど
火山のある自然が豊かな島です。

島にコンビニやスーパーはありません。
信号も交番もレストランもありません。

不思議に思うかもしれませんが、島民の人たちこれらのものをさほど必要としていないのです。
島に住む島民の方々が1つの家族のようだから、犯罪も起こりにくいですし、
各家庭で採れた新鮮な野菜や魚を交換し合いながら、いわば自給自足で
毎日の食事が成り立っている側面もあるのです。

便利な東京で暮らす私にとって、
口永良部島での暮らしはある意味で豊かに感じられました。

また島にはいくつもの温泉があります。それぞれ成分が異なっています。
体を癒すために島巡りをする人や山海留学制度を使って東京から島に引っ越してくるご家族、小中学校の廃材で組み立て、大きな図書館のような立派なリビンクを持つ民宿を経営しているご夫婦など個性的な方々がいらっしゃいます。
島民の方々は自分自身を隠さず等身大で私たちを受け入れてくれます。

豊かな自然はもちろん、島に住む方々もとっても魅力的な、
ある種パワースポットのような島です。


私たちはこのような魅力的な島だからこそできること、感じること、変われるものがあると信じています。

応援よろしくお願いします\(^o^)/

太田真緒