事務局の大江千夏です♪

岸本亜泉からのメッセージをお届けいたします^^

=======================

こんにちは、岸本です。

16名の主婦達が1,416時間かけて
魂燃やしているプロジェクトが間もなく終了します。


本当に沢山の方にご支援いただき
第一目標141万円を達成!!

NEXT目標、230万円も
昨日、無事に達成する事ができました。

プロジェクトメンバー一同
昨日は朝から大騒ぎで涙が溢れて止らなかったです。


10月16日、上海の日本人学校で
200名の生徒さんに心書をお伝えしてきます。

今年は他にも、
LA、バンクーバー、名古屋、北海道での
子ども向け講座も確定しました。

現在予定している講座に参加する
全ての子ども達の筆ペン代、材料費が
無事に購入できそうです。


こんなミラクルを起こすことができたのは
本当にご支援頂いた方々の存在のお陰です。

もう、それに尽きます!!!
心より、感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の3月、初めて海外に住む子供達に
心書講座を行ないました。


“海外で暮らしている”


と聞くだけで何だか特別で、優雅で
羨ましいな~と感じていたのですが
実際はそうでもなく、想像もしていなかった現実を
知ることになりました。


言葉の壁、安全面など、
生活は日本とは比較にならないほど自由がなく、
いじめ、差別なども未だにあるそうです。


その上、子ども達は大人とは違い、
望んで海外に来たという子は
ほとんどいませんでした。


話を聞いていても

『できれば日本で暮らしたい』
『本当は、お友達と離れたくなかった』

そんな言葉がポロポロ溢れてました。


それでも、海外で家族のために働いてくれている
お父さんやお母さんには、そんな想いを打ち明けるわけにもいかず
小さな胸の中で、そっと閉まっている子がほとんどでした。


あの時、私が心書講座をさせて頂いたのは
中学2年生、思春期真っ只中です。


思春期と言えば、いいことも沢山あるけれど
些細な事で反発したくなる時期でもあります。


身体の変化に戸惑ったり
自分と他人を比較し始めたり
人が自分を、どう思っているかが
気になりだしたりもしますよね。


自ら価値観を作り出していく時期でもあるけれど、
多様化する価値観の中でこの時期は特に
迷い、混乱し、時には反発したりもします。


あなたは、14歳の頃
どんな子供でしたか?


毎日、どんなことをして
何を感じていたか、覚えていますか?


私は、あの頃
とても生きづらかったです。


誰かを好きになったり
何かに喜びを感じることもあったと思うけど
そんな淡い思い出は、なかなか思い出せず、、、、
記憶を辿っても未だに鮮明には出てきません。


でてくる事と言えば、
みんなが楽しそうに話していても
自分は、思うように楽しめず悩んでいたこと、
ケラケラ笑う友達の笑い声に憎しみさえ
沸き上がって来ていたこと、
それを必死に隠していた事。


また、自分の家庭環境と友人の家庭環境の
あまりのギャップに劣等感や怒りを感じ
親を責めたくもなりました。


忙しそうな親の背中や先生の姿を見て

「誰か私に気づいてくれないかな、、、
近くに、私の話を聞いてくれる大人が
居てくれたらな、、、」

そんな風に思ったことを
今でも覚えています。


なぜ自分は皆と同じように生きれないんだと
一人考え込むも、答えは見つからず
それを紛らすために自分を傷つけ、
他人を傷つけたこともあります。


来る日も来る日もこんな風に過ごすのかと思うと、
自分が一体、何のために生きているのか分からなくて
いつも迷いのド真ん中に居た気がします。


これが私の思春期でした。


渦巻く思いがあっても、なかなか言葉で表現しにくいもので
近くにいる大人も、子ども達の変化に気づく
“時間と心のゆとり”が、とても少なくなっていると感じます。


『あの頃、心書と出逢っていたらな、、、』


心書を生み出してから12年
何度も、そんな風に思ったことがあります。


もちろん、全ての子ども達が
当時の私と同じような想いをしているとは
思っていません。


ただ、

『心書というツールが、ここにあるよ。』

と伝えることで一人でも多くの悩める子ども達が
一秒でも長く、自由に、そして自分らしく
生きれる時間が持てたらいいな。


しかも、それを自らの手で創り出すことができたら
どんな素敵な世の中になるだろう、、、
そう思うとワクワクして止りません。


実際に、初めて海外の日本人学校の
子ども達に心書を伝えた時には

『先生!イライラがスッキリしたよ』
『ずっと不安だったけど、今は明日が楽しみって思える』
『自分を自由に表現するってこんなに気持ちいいんですね』
『初めて、大人って信じていいんだと思った』

など、目をキラキラさせながら喜ぶ姿を見ました。


そのとき、小さな胸に抱えた想いを
筆に託すということは、
とても価値があることなんだと確信しました。


もちろん、海外在住の子供達だけではなく
日本で暮らしている子供達にも
心書をお伝えして行きます!


2015年は上海、LA、バンクーバー、名古屋、北海道の学校で
子供向け講座を予定しておりますので
その様子も、またお届けしますね^^


そして、来年以降も一人でも多くの子供達に
自分らしく輝くきっかけを心書家達と共に
お届けてしていきます!!!!


【現在達成率181% 2,569,000円 残り8時間】
最後まで駆け抜けていきますので
どうぞ、ご支援、応援よろしくお願い致します!


最後まで読んで頂きありがとうございます。

新着情報一覧へ