コミュニケーションにおいて相手に与える印象への影響度は「言語」と「非言語」でどのくらいの比率だと思いますか?

 

言語:非言語=1:9

 

何とこんなに偏っているんだそうです。どんなに資料の内容に細心の注意と努力をつぎ込んでもそれは全体の1割。それのみでは相手の行動に影響を与えることはほぼ不可能です。相手に与える影響の9割を占める「非言語コミュニケーション」つまり伝達技術としての"プレゼン"が、とても大切なものだとわかります。

 

そして私たちの身近で日々頻繁に行われているプレゼン="自己紹介"であると、私は位置づけています。

 

*全文はこちら

 

新着情報一覧へ