「ミニラケット」は福田会の就労継続支援 B型事業所「広尾ジョイワーク」で製作しているキーホルダー・ストラップです。

テニスのラケットにガットを張るときに出る“余りガット”と“グリップテープ”を加工してつくっています。余りガットとグリップテープは東亜ストリングス株式会社様、またガットを株式会社ウインザーラケットショップ様よりご寄付をいただいています。

東京オリンピック指定強化選手の本玉真唯さん(左上)にもご愛用いただいています。

広尾ジョイワークの利用者さんがそれぞれ得意な方法でガットを14センチにせん断し、一本一本ビーズを通す作業を行います。次に、慎重にビーズをこぼさないよう結び、ていねいにグリップ部分を合わせて完成です。

 

ミニラケットは商標登録と意匠登録も済ませている正真正銘のオリジナル商品で、特に最近になって利用者さんと職員だけでは供給が間に合わないほどの人気商品に成長しています。

 

なんと2017年の「東レ パン・パシフィックオープン・テニス」の公式グッズにもなる予定です。ハンドメイドですので大量生産が難しく、内職の方にもお願いして生産アップをめざしているところです。1個600円で販売しています。

 

●広尾ジョイワーク
Tel 03-6427-6576
E-mail joywork▲fukudenkai.or.jp(※▲を@に変えてください)

 

新着情報一覧へ