【野菜やフルーツに効能があるとしたら、日々の食事で健康になれないのはなぜ?】
この答え…なぜだと思いますか?

多くの方が健康に気を遣い食事を摂っているかと思います。
それでも病気になってしまう。
薬が減らない。

「メディアで身体に良いって言ってたよ。」
「友人がこの商品で痩せたみたい。」

でもご友人は体質は同じでしょうか?
同じストレス度合いでしょうか?

違いますよね?
ご自分に合った食事の摂り方をしていらっしゃいるか…
という事になってくるんです。

見ている観点を少し変えてみると良いかもしれません。

商品提供側から流行が作られ、ブームが起こる。
次のスーパーフードは〇〇〇だよ!!と情報が共有される。
ブームが過ぎ去るとまた次のブームを追い掛ける。

これ、選択の基準が「他人志向」なんです。
大事なのは「自分志向」

「カラダの健康=自分のカラダを知ること」

どんなにカラダに良いモノを購入したとしても、
自分のカラダに合っているのかお客様本人がわからなければ
健康にはなれません。

私のジャムも例外ではありません。
お客様のカラダに合ったものをお伺いして販売するスタイルを
ずっと貫いてきました。
でもイベント出店でお目にかかれる人は極わずか。

食事の大切さを、もっともっと多くの方に知って欲しい…。
そう願います。

 

新着情報一覧へ