こんばんは。パレスチナ・アマルの北村です。

 

先日の催事では、ラオスの織物も販売されておりました。

 

 

それが、こちら。見事な藍染ですね。

 
かつてはパレスチナでも、ガザの近くで藍染が盛んだったそうです。今では、見ることもできませんが。
 
パレスチナ刺繍も、昔は草木染めで糸を染色していたので、もっと柔らかな色調だったそうです。
 

ちなみに、こちらはスパイダー柄。蜘蛛の巣がモチーフ。

 

こちらはピラミッド柄です。

 
そう聞くと、草木染めを復活させられれば良いな、とも思うのですが、そう簡単にはいかない情勢です。
 
こうして伝統文化が失われていくのは、とても辛くて切ないですね。せめて伝統工芸であるパレスチナ刺繍が、日本でも広がりを作れたら良いのですが。
 
そのためにも、今回のクラウドファンディングを達成しなければ、と思います。42%達成、あと39日になりました。応援頂きましたpataさん、ありがとうございました。あと58%。応援よろしくお願いいたします!
新着情報一覧へ