皆さまからの温かいご支援、応援、誠にありがとうございます。
シドニー・レインボー・ステイ・プロジェクト日本事務局代表の木島です。

シドニーでの福島の子供たちの受け入れ準備の様子をご紹介します。

子供達は一般家庭でのホームステイに加えて、シドニー近郊の世界遺産ブルーマウンテンズにある保養施設カルナセンターに滞在する予定です。

 

自然豊かな環境にあり、庭に野生のカンガルーが遊びに来ることも。

 

 

1.5平方キロメートルもある広大な敷地を、現地ボランティアの方々が整備をしているところです。子供たちが走り回ってもケガをしないよう、落ちている枝を拾い集めたり、整地をしています。

 

カルナセンターの全体図です。1.5平方キロメートルもある広大な敷地には、ホール、食堂、宿泊棟、運動場などが配置されています。子供たちが走り回る光景が目に浮かびます。ちょっとした探検もできそうです。

 

カルナセンターは、今回のホームステイ招待の活動を協同で行う、カルナ子供基金が所有、運営されている施設です。カルナ子供基金はシドニーで30年以上の世界の子供達の保護・保養活動の実績があるチャリティ団体です。

新着情報一覧へ