皆さまからの温かいご支援、応援、誠にありがとうございます。

シドニー・レインボー・ステイ・プロジェクト日本事務局代表の木島です。

 

シドニーでの福島の子供たちの受け入れ準備の様子その2をご紹介します。

今回の保養ステイは、シドニーで30年以上、世界の子供達の保護・保養ステイ招待活動の実績があるチャリティ団体 カルナファンデーション子供基金との協賛で実施されます。

 

子供達は、カルナファンデーション子供基金が所有・運営するシドニー近郊の世界遺産ブルーマウンテンズにある保養施設カルナセンターに滞在します。

 

今回は、シドニー・レインボー・ステイ・プロジェクトの現地代表の平野と、ボランティアスタッフが保養施設カルナセンターを訪れ、下見と受け入れ準備をしてきました。

 

子供たちが宿泊するコテージは、電車(客車)を改装して作ったもので、子供たちが喜びそうな、とてもかわいらしいものです。

 

 

広大な敷地の中には、キャンプファイアーをする場所も用意されていました。
夜は火を囲んで、歌を歌ったり、夢を語り合ったりしたいなぁ。

 

 

保養センターの食堂にて。現地ボランティアスタッフとその家族も、子供たちの到着を楽しみに待っています。(後列右端が、カルナファンデーション子供基金代表のNaraさんです)

 

またプロジェクトの進捗状況などを、お伝えして参ります。

今後ともご支援、よろしくお願いします!

新着情報一覧へ