プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

子どもたちが心安らぐ居場所をつくりたい!

 

はじめまして、中村悟と申します!2004年に大分県別府市で美容室を開業し、現在は小学2年生と2歳の娘を持つお父さんになりました。しかし、5年前に最愛の実父が63歳という若さで突然亡くなりました。優しくも強くたくましい父親だったので、本当にショックでした。

 

落ち込む日々が続く中で、人の命には限りがあるということを改めて感じたのです。限りがあるのなら、自分が本当に今したいことを大切にしようと考えるようになりました。その結果、自分は昔から子どもが好きということもあり、大好きな自分の娘や、そのお友達のために、残りの人生をもっと使っていきたいと思うに至りました。


それから折に触れ、子どもを取り巻く社会状況についてのセミナーに通ったり、実際に行われている子ども支援についての話を児童館に聞きに行ったりしました。

 

その中で、今の子どもたちには家以外にも心を落ち着けられる居場所が必要なのではないか?と感じたのです。そこで、私たちが住む地域にも子どもたちが気軽に集える場所をつくりたいと思い、今回は子ども食堂を開くためにクラウドファンディングを行う決意をしました!是非とも、皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
愛する娘たち!


 

地域間交流の輪を広げていきたい!

 

私は、初めて自分の娘ができて人生が変わりました。我が家は里帰りをしなかったので、私も産後の育児・家事へ全面的に協力しながら、仕事に奮闘しました。長女は中々寝てくれない子だったので、初体験の夜泣きに寝不足でフラフラになったのもよく覚えています。娘を育てながら同時に自分も成長できたなと感じています。

 

また、離乳食づくりに夢中になったり、毎日安全な野菜を求めて、遠くのスーパーまで買いに走ったりもしました。そして、いつの間にか少しずつ父親としての覚悟が強くなり、娘を育てながらも同時に自分も成長していったのです。

 

そんな日々を過ごしていたある日、ひょんなことから娘の小学校でPTA会長を任されることになりました。そのため、自分なりに娘だけではなく、小学校の他の子どもたちも我が子のように大切にできる方法はないかと考え、登校指導などの際、一人一人の目線の高さに合わせながら話したり、色々と工夫してきました。

 

そして、私は彼らが地域の子ども同士だけでなく、おじいちゃんおばあちゃん、学生さんたちとの交流の輪を広げながら成長してほしいとも思うようになり、ニュースやセミナーなどでも聞いたことがあった子ども食堂を企画することにしました。

 

それに自分のお家以外にも心の落ち着く場があれば、困難の壁にぶつかったとき、悩みながらでも乗り越えられるはずだと思うのです。そんな場所は一つでも多い方がいいはずです。私が住む校区には、そういった場所が現在はないため、子どもたちにとって心安らぐ、人と繋がれる居場所を地域の人たちや、他の保護者の方たちと協力してつくっていきます!

 

1人でも多くの子どもたちが健やかに育てる町を目指します!

 

 

5月から、子ども食堂を開始いたします!

 

このプロジェクトでは、私の娘が通う校区の大分県別府市光町に子ども食堂を開きたいと思い、地域の方が気軽に集える環境を整えていくための費用を募らせていただきます。そのために、クラウドファンディングでのご支援は、開催にあたって必要な食器類を購入したり、チラシなどの制作にかかる費用に充てたいと考えております。

 

子ども食堂自体は、継続的に行うため、周りの保護者の友人や、地域の自治会さんにもご協力していただきながら、運営していきます。

 

私が活動する校区の生徒たちや保護者の方々、地域のおじいちゃんおばあちゃん、老若男女問わず誰でも気軽に参加できるようにし、一人でも多くの方に美味しい手作りご飯でお腹と心を満たしてもらいたいと思っています。

 

<わくわくキッチン(子ども食堂)>

開催場所:大分県別府市光町15-15 地域ささえあい交流センター「にじ」

日程:2018年05月05日 15:30~18:00(月1回 開催)

参加方法:自治会を参加申込書配布(定員:30名)

料理:具だくさんカレー、お漬物(毎回メニューは変更します)

 
 
 

 

子どもたちが笑顔になれる居場所づくりをします

 

 

継続的に活動し、学習支援も行っていきます!

 

私たちが運営する子ども食堂では、各々が悩みごとを相談したら一緒に悩み、誰かが笑ったら皆で一緒に笑い合える。地域の子どもたちは地域全体を巻き込んで育んでいく。そんな心安らぐ居場所を子どもたちのためにつくっていきたいと考えています。

 

今後の展望としては、夕飯を提供するだけに留まらず、食事の前に皆で勉強するなど、子どもたちの学習支援も行っていきたいと考えています。そのためにも、大分にある国際大学の学生さんたちと一緒に、色んな国の文化や言葉に触れ合える学習体験なども提供していけるように企画していきます。

 

皆様、子どもたちのためにも、どうかお力添えよろしくお願いいたします!

 

ご支援ご協力のほど、よろしくお願いいたします!

 

 

皆様からのご支援が、子どもたちの未来に繋がります。

 

リターンには、優先的に子ども食堂に参加していただける権利をお送りいたします。

また、団体さんや企業さまからの支援につきましては、食堂内やチラシなどにお名前を掲載させていただきたいと思います。

 

そして、今回1万円以上ご支援いただけた方には、私が運営する美容室「Paddle」にて、お子さんのカットも行わせていただきます!

 

◎資金使途

・食器類などの備品購入費用:¥50,000

・チラシやのぼり制作などの宣伝費用:¥20,000

・その他雑費(Readyfor手数料やボランティア活動保険):¥30,000

 


最新の新着情報