プロジェクト概要

【ラストスパート!】塾に通えない中3生のために、

大学生ボランティアによる無料の冬期講習を開きたい!

 

 初めまして。NPO法人キッズドアの安池豊と申します。私たちは『タダゼミ』事業を通して、有料の学習支援サービスを受けることが困難な子どもたちに対して、無料の学習指導を行っています。現在都内では杉並・足立区で開催しており、約40名の子どもたちが参加しています。卒業生はこれまでに約120名になり、90%以上の子どもたちが第一志望の高校へと進学していきました。季節も冬に差し掛かり、ついに今年も本格的な受験シーズンが到来しようとしています。『タダゼミ』では子どもたちは皆、来る受験に向けて一生懸命勉強に励んでいます。

 

彼らの受験のぎりぎりまで『タダゼミ』を開き、合格を応援したい!しかし、その場所代と指導を行う学生ボランティア交通費等の費用が不足しています。どうか皆様のご協力・ご支援をお願いいたします!

 

(★大学生ボランティアによる熱血指導の様子)

 

 

『タダゼミ』ができること

 

『タダゼミ』では、NPO法人キッズドアに登録している大学生が、学習困難な状況にある中学3年生の子どもたちに一年を通して、無料の受験対策講座を隔週で開催します。入試対策以外にも、勉強の仕方といった初歩的なことや受験を乗り切るためのノウハウ、そして、進学意欲を高めるために、高校や大学とはどういったところなのか?を教えるなど、学生ならではのサポートの充実した講座を目指しています。

 

このことにより、親の経済状況により十分な教育が受けられず、望む進学ができない子どもたちが、親と同じ低所得の職業に就き、自分の子ども世代へも貧困の継承をしてしまう、という貧困の連鎖を断ち切ることにつながります。自分が望む生活ができるチャンスをこどもたちに与える一助となることが目標です。

 

 

 

 

 

(タダゼミ指導メンバー集合写真)

 

 

「『タダゼミ』で、もっと勉強をしたい!」

 

季節も冬に差し掛かり、ついに今年も本格的な受験シーズンが到来しようとしています。『タダゼミ』では子どもたちは皆、来る受験に向けて一生懸命勉強に励んでいます。そんな彼らの役に少しでも立ちたいと考えた、大学生ボランティアたちは、今回の受験対策特別講習を企画しました。

 

普段『タダゼミ』では隔週で全生徒を対象に指導を行っていますが、多くの子どもたちから受験を前に「もっと勉強をしたい!」という声があがりました。

 

(ある日のタダゼミ 活動の様子)

(ある日のタダゼミの時間割例)

 

生徒たちを第一志望校に合格させてあげたい!

 

そこで、今回受験生を対象とした受験直前の特別講習として、冬休み中の冬期講習開催に加え、受験まで毎週『タダゼミ』を開きたいと思っています。それに伴い、『タダゼミ』を開催するための場所代と指導を行う学生ボランティア交通費等の費用として計15万円の寄付をお願いしたく思っております。

 

このプロジェクトを通して生徒たちを第一志望校に合格させてあげたいです。プロジェクトが実現した暁には、学生ボランティアも一生懸命指導に臨みますので、皆様のご支援、どうぞよろしくお願いします。

 

 

引換券について

 

・お礼メール

・パンフレット

・会報誌(受験結果を含む)

・キッズドアマグネット

・東日本大震災により被災した子どもたちを取り巻く環境を調査しまとめた報告書『東北の子どもたちに希望を~3.11から2年たった今、その影響と変化~』

・[ガクボラ]活動報告交流会2013無料ご招待 (2014年3月16日(日)予定)

をご用意しております。

 

(左:東日本大震災報告書  中央:パンフレット  右:会報誌)

 

運営団体

NPO法人キッズドア

http://www.kidsdoor.net/

 


最新の新着情報