B8ac4547018da759c11ef0126994bb4062d86641


この度、クラウドファンディングを
始めましたピアニストの杉丸太一です。

先ずは自己紹介からということで
プロフィールを掲載させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します!


杉丸太一 (すぎまる たいち)


四歳の時からピアノを始め、その頃よりモーツァルトやベートーヴェンに慣れ親しむ。

中高時代は、陸上部の駅伝の選手としてトレーニングに明け暮れる一方で、
ロックバンドでボーカルも担当。

広島大学に進学後ジャズ研に入ったことから
本格的にジャズピアノに取り組むこととなる。

クラシックのマルタ・アルゲリッチ、
ジャズのキース・ジャレットの影響を受け、
独自のスタイルを追求。

2005年10月~2012年まで、nu-jazzバンド nativeに参加、
その間ドイツのインフラコムレーベル、イギリスのアリソンレーベルより
各々アルバムを海外リリース。

また、2007年~2013年までオリジナルジャズユニットp-4kを主宰、
アルバムがHMV渋谷の週間jazzチャートの4位に食い込むなど、
jazz、クラブシーンを中心に活躍。

ソロピアニストとしては、2011年から2012年にかけて、
youtubeにアップされたライブ映像が、神がかり的と評され、話題に。


田野城寿男、宮野弘紀など世界的アーティストとの共演も定期的に行っている。


日本人には稀有なロシア奏法による、
空間を包み込むような、
柔らかく尚且つ力強い演奏スタイルで、
ライブでは毎回深い感動と、熱い興奮を
呼び起こす。

音楽家としての永遠のテーマは
「美しい音の表現」である。

「美しい音」は

精神面も影響するとの観点から、
心を整えていく習慣を身につける。

また、ある著名な指揮者から、
「内臓と音は共鳴している」という話を聞き、
改めて音を表現していくツールである
肉体メンテナンスの重要性に気づく。

その後太極拳に出会い、
体の中心軸が通る感覚を覚える。
そして、今ではどんな姿勢でも、
丹田に体の重みを乗せられるようになり、
奏でる音色に広がりを見せる。


2016年4月から11月まで
BFM791エフエムびざん
毎週火曜21時~22時
『杉丸太一のピアノ巡礼』の
メインパーソナリティを務めた。


2016年10月には
ニューヨークカーネギーホール公演の
大成功を収める。

新着情報一覧へ