人間は「水」の飲める、という性質を生かして喉を潤します。人間は「水」の流れる、という性質を生かして手を洗います。人間は「水」の上に物が浮かぶ、という性質を生かして船を浮かべます。つまり人間は大自然を「受信」しながら生きているのです。

 

日本の演技とアメリカの演技をくらべるとき、この「受信」の違いが顕著です。アメリカのテレビドラマを見ていると、俳優たちの「受信」する演技で役の意図や感情が分かります。カメラも俳優が「受信」している瞬間に注目します。これが日本のテレビドラマの場合、俳優たちの演技は「送信」がほとんどで「受信」は僅かです。カメラも台詞を喋っている俳優にしか注目しません。

 

面白いことに、これはアニメでも同じで、「アナと雪の女王」と「風立ちぬ」を比べて見てみると、前者の方が明らかに「受信」が多いのです。

 

日本人があまり感情をあらわにしない、という国民性だということもあるかも知れません。しかし無表情の下に怒りや動揺や悲しみはあるはずです。「受信」の大切さを痛感します。