「だいじょうぶ、彼女は私の中にいる」これ、メリル・ストリープの言葉です。ときどき稽古場で「それ、わたしの生理にありません」とか、「わたしそういう経験をしたことがないからわかりません」とかいうことを口にする人がいます。俳優としてけっして口にしてはいけない言葉だと思います。つまり、それは「私には想像力がありません」と告白しているようなものです。

 

ロバート・デニーロやアル・パチーノの演技を見ていると、ある意味、どの役もデニーロはデニーロだし、パチーノはパチーノです。話し方や癖や表情も、何一つ変わってはいません。では、何故別人に見えるのか?それぞれの役で彼らが変えているのは、その役の人生観や生理です。たとえば、A型は理性的な部分が多いとしましょう。ならばO型は感情的な部分が多く、B型は感覚が鋭い。でも、人はそれ一色ではありません。A型にだって感情的なところや感覚的な部分だってあります。つまり、それらのパーセンテージを変えることが、彼らの役作りではないか、そんなふうに思うのです。彼らは役の外見を変えるのではなく中身を変えて演じている。だから「だいじょうぶ、彼女は私の中にいる」だと思うのです。

 

そして、これは僕の個人的な見解ですが、よく脳はその一部分しか使われていない。大部分は眠っているのだという話を聞きます。僕の想像では、ひょっとしたらその大部分に、自分の何千何万人の先祖たちの記憶が、蓄積されているのではないか。その中にはとびきりの善人がいたかも知れない。極悪非道の悪人だっていたかも知れない。それらの人生観や生理が役作りに生かせるのではないか、そんなふうに思うのです。

 

★以上の記事は数年前ブログに掲載したものです。

 

最近、テレビで映画翻訳の第一人者、戸田奈津子さんが、メリル・ストリープ自身から聞いたエピソードを、紹介されていました。「彼女は、自分の経験や想像で考えても分からないときは、先祖たちのDNAが教えてくれる、って言うのよ、
不思議な人ね」と。