以前、フジテレビの「ランチの女王」というドラマに、出演させていただいたことがあります。麦田なつみという女の子がひょんなことから、キッチンマカロニという男ばかりの家族で経営している、レストランで働くようになります。彼女の可愛さ懸命さに兄弟3人はたちまち恋をします。でも、もともと不良だった彼女のところへ昔の男が現れ、みんなに迷惑をかけると感じた彼女は、店を出て行く決心をします。

 

僕の役は川端守という通いのコックで、最終回、出て行くことに決めた彼女に向って、「なっちゃんには、ずっとここにいて欲しいな」と声をかけます。その台詞をもらったときに、僕は「理由」を考えることにしました。なぜ川端さんはなっちゃんを引き止めたんだろう。ただ可愛いからとか、好感を持っていたからというだけではないはずなんです。色々考えているうちに、僕なりのサイドストーリーが生まれました。

 

川端さんは、たぶん中学を卒業して、すぐに料理人の道へ入ったんだろうと思います。そして、何軒目かの就職先がキッチンマカロニでした。店のご主人、鍋島権造さんに厳しく仕込まれる中、店の奥さんにはやさしくしてもらったんだと思います。奥さんは子供4人を育てながら、懸命にお店のお手伝いをしていました。川端さんはとても綺麗で可愛らしい奥さんに、あこがれていたんでしょうね。「俺もいつか、こんな綺麗な嫁さんを貰って自分の店を持とう」

 

なっちゃんはきっと、亡くなったみんなのお母さんにそっくりなんだと思うんです。顔も姿も、心根も。だから、兄弟みんなが彼女に恋してしまうんです。これで「理由」が出来ました。別にだからどうだということはありません。ただ自分でそう決めていただけです。でも、そのおかげで僕自身は安心出来ました。川端さんの気持ちにちょっと近づけた気がしました。

 

でも、悔いは残ってます。もっとなっちゃんの心を動かすことは出来なかったかなあ、と。

 

新着情報一覧へ