プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

「本音や素直な感覚を解き放つ」楽器・ヒーリングライアーを作り、子ども達と向き合い活動をする個人・団体に使ってもらいたい!

 

はじめまして!田中里奈です。これまで、3年間カウンセリング・コーチングの一貫として、ドイツで音楽療法に使われるヒーリングライアーという楽器を使い、約100人の大人の「本当にやりたいこと」を呼び覚ますお手伝いをしてきました。

 

その中で、大人になってからの悩みの根本は幼少期にあり、ほとんどが「本来持つ良い才能・本当にやりたいこと」を封じ込めていることが原因であることに気づきました。そのため今後は、子ども達に「本当にやりたいこと」に気づいてもらうための活動をライアーを使い行っていくことにしました。

 

ライアーはドイツ発祥の楽器で、市販品がほぼなく、オーダーでも約50万円と高額なので、日本では身近ではありません。そこで今回、子ども達を対象に活動する個人や団体の皆様に貸出するためのヒーリングライアー1台を、制作ワークショップに参加し、作ります。

 

しかし、ライアー制作ワークショップに参加するための費用が足りません!誰もがそれぞれの良さを発揮できて、お互いを尊重できる世界を創るためにも、皆様どうかご支援をお願いいたします!

 

 

◆ライアーの音色と、制作ワークショップの紹介動画(6分43秒)です。

ナレーションが多めですが、4分32秒以降から、ナレーションなしのライアーの音色をお聴き頂けます。

 

 

本音を言えずに周りに合わせ、自分が本当にやりたいことができない・・そんな方の悩みの根源には、共通点がありました

 

約4年前に会社員をやめて独立開業した私は、様々な悩みを解決するセラピストとして、その方の人生を新たに創るお手伝いをしてきました。その中で、多くの方が似たような問題を抱えていることがわかってきました。

 

それは、幼少期に自分を親や周囲からの期待や世間の常識に合わせてしまって、本来の才能を閉じ込めてしまったことで、本音を言えずに周りに合わせるようになります。そういった習慣を根強く持ってしまうと、本当にやりたいことができない大人になってゆきます。そしてまた、同じような子供をつくります。

 

 

 

ライアーの音や響きでゆるんだ心が、周囲の顔色をうかがって我慢してきたことを呼び覚まします。

 

私のセラピーでは、ドイツ発祥の楽器であるヒーリングライアーを使います。ライアーは、シュタイナー教育の考えに基づき創られていて、人本来の能力を呼び覚まします。まず、ライアーを身体に載せて弦の響きを木の板を通して直接身体へと響かせることで、ライアーの弦の振動が身体に浸透し、心身ともにゆるめます。

 

ゆるんでリラックスした状態は、心からの声を聴くことができ、子供の頃から本当はやりたかったけれど、周囲の顔色をうかがって我慢してきたことを思い出してもらうことができます。

 

最初に、離婚相談でいらした方のお話しです。その方はずっとピアノが好きだったけれど、家の事情で習っていたピアノを中断することになり、そのまま忘れていたのですが、また習い始め、小さい規模ながらもソロコンサートなどを開催して楽しまれているようです。ご自身の楽しみができることで、家族との関係も良好になり、離婚の話もなくなりました。

 

(ヒーリングライアーは、このように使います)

 

 

「自分の本音を解き放つ」経験を、子どもの頃から体験してほしい

 

ドイツはヨーロッパの中でも代替療法と呼ばれる、西洋医療だけではカバーしきれない領域の療法も発達しています。その一つが、日本では「音楽療法」や「波動療法」などと呼ばれるものです。ヒーリングライアーは、この「音楽療法」や「波動療法」の手段として使われています。

 

心理学では、本音を閉じこめてしまうことは、病気の原因となる場合もあると言われています。セラピーを通して、現代の日本人の多くに見られるうつ病などの状態は、とくにこれが原因で起こっているケースを数多く見てきました。本音を言えないが、相手にわかってもらいたい!という衝動から、小さな争いが起きることも多いです。

 

病気や争いの原因にもなってしまう、「本音を閉じ込めてしまう」経験とは反対に、ライアーを使って「自分の本音を解き放つ」活動を子ども達を対象に行っていくことで、その子達が大人になった時に、健康で良好な人間関係を育んでいけると信じています。

 

ですが、ライアーは市販品がほぼなく、オーダーでも約50万円と高額なので、日本ではまだまだ身近ではありません。そこで今回、子ども達を対象に活動する個人や団体の皆様に貸出するためのヒーリングライアー1台を、ワークショップに参加して制作します。

 

ライアーを楽しむ、私の息子の様子です

 

 

多くの方に認知し使って頂けるように、レンタル用のヒーリングライアーを作りたい!

 

今年6月に、静岡県浜松市にて開催されるヒーリングライアー制作ワークショップに私が参加し、ライアーを1台作ります。作ったライアーは、子ども達を対象に活動する個人や団体の皆様に貸出すことで、ライアーを身近なものとして認知・利用して頂けるようにします。

 

私は昨年もこのワークショップに参加し、ヒーリングライアーを作ったのですが、それは個人の活動のために使っているので、今回は自分だけの活動にとどまらず、多くの方にライアーを知って、使ってほしいという思いでレンタル用のライアーを制作しに再度の参加を決めました。

 

 

<昨年参加した、ヒーリングライアー制作ワークショップの様子です>

制作ワークショップでライアーを彫る工程


 

弦も自分で張ります

 

 

楽譜のないライアーを自由に演奏する中で感じる、素直な感覚に出会う

 

ライアーは、ドレミファソラシドというすべての音がないので、楽譜がある歌の演奏はできませんが、レミラシという4種類の音が5オクターブあるので、その時々に弾きたいように、叩きたいように自由に演奏ができます。私もまだ数回ですが参加させてもらうたびに、子供たちのライアーの音色に対する嬉しい反応が返ってきます。

 

子供たちは、まだ凝り固まっておらず頭が柔らかいため、純粋に音を楽しむことができます。楽しい!やりたい!という素直な感覚で楽しんでもらうことで、将来的に本当にやりたいことへと進んでいってくれると思っています。

 

ライアーは、簡単に奏でることができます。楽譜も必要ありませんので、ピアニカや木琴・鉄琴などの楽器とはことなり、自由に弾くことができます。また、ハープのような音色がとても美しいので、キラキラ響く音を楽しめます。

 

 

▶作ったライアーを使って頂く可能性のある皆さんの紹介

 

私の友人で、子ども達への読み聞かせ活動をしている【チーム鈴の音(すずのね)】のお二人が、いち早くライアーを使ってみたいと声をあげてくださいました。お二人の素敵な歌声と、ライアーの音色を子ども達に届けられると思うと、ライアー制作が今から待ち遠しく思います!

 

【チーム鈴の音(すずのね)】メンバーの紹介

 

☆声優 Yukari 様

過去の活動:

・保育園での魔法の絵本読み聞かせ

・小学校への右脳活性の表現あそび教室

震災直後から始めたこころのライブや防災ボランティア、その他復興支援活動多数。

 

☆声優 Mutsumi 様

過去の活動:

盲学校・図書館・児童施設・児童館・保育園・教会などでの読み聞かせ・放送劇。

図書館は18年ほど前から現在も月に一度、絵本の読み聞かせに訪問。

 

 

(4月に開催された、「癒やしの音」ワークショップに参加された皆さんとの集合写真です。)

 

 

将来的には、発達障がいを持つ子ども達を支援している施設や学校に、最低限1台ライアーがある状態になることが私の最大の希望です。それにはまず、今は身近でない「ライアーという楽器を知ってもらう活動」をしたいので、訪問ボランティア活動をする人や、グループに使ってもらえる「最初の1台」を創りたいのです。

 

私が究極に創りたいのは争いのない世界です。誰もが本音で生きられ、互いを認め合っていける社会を作るため、皆様の応援とお力を、どうかお貸しください。

 

 

去年制作したタオライアーです。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ リターンについて ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ご支援いただきました皆さまには、お礼に下記のリターンをお送りします!

 

☆サンクスレター

ライアーの音色を聴いた子供たちからの声と共に感謝の気持ちを込めてお届けします!

 

 

☆ライアーに支援者様のお名前を彫り入れます

 

 

 

☆完成したライアーで演奏したヒーリングミュージック 

15分の音源データのお届け

 

 

☆完成したライアーで『アナタのためだけ』に演奏したヒーリングミュージック 

30分のCD(または音源データ)をお届け

 

 

☆【東京近郊の方・来ることが可能な方】

ヒーリングライアーの体感セッション60分・1回をお受けいただけます。

(7月~9月の間に実施)

※遠方の場合は2016年内のご都合つくときに

 

 

☆【東京までいらっしゃれない方】

完成したライアーで「アナタのためだけに」演奏したヒーリングミュージック60分のCD(または音源データ)

 

 

☆ご希望の方のみ

ライアー認知活動の際に「ご協力者」としてチラシなどにお名前を掲載いたします

 

 


最新の新着情報