クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

日本翻訳文化賞受賞者が18世紀チェコを描く『暗黒』を出版します

浦井康男

浦井康男

日本翻訳文化賞受賞者が18世紀チェコを描く『暗黒』を出版します
支援総額
1,163,500

目標 1,000,000円

支援者
85人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2016年01月14日 06:31

『暗黒』の筋立て

本書の目次を示して欲しいというご要望がありましたので、これまでのホームページでは字数制限のため割愛した部分を、新着情報として掲載します。

 

この作品はイラーセクが病に倒れ、未完に終わった『フス派王(1919)』を執筆する前の、1915年、彼が64歳の時に発表したもので、彼の作品群の中では比較的短く、最も円熟した作品の一つです。もっともイラーセクは1930年まで生きて、チェコスロヴァキア共和国の建国にも立ち会い、マサリクの活躍も見ていますが、目を病み重い腎臓病を患った彼は、創作を再開することはありませんでした。

 

この『暗黒』の原作は、I~LXXVI(1~76)のローマ数字による節の通し番号が並んでいるだけで、部立ても小見出しも何もなく、極めて見通しの悪いものです。本書は歴史小説なので、筋はフィクション(虚構)ですが、背景にはしっかりした史実があります。それは、隠れフス派に対する宗教弾圧の中で、1728年にチェコの地方都市コピドルノで、森番のトマーシュ・スヴォボダが偽りの宣言をした罪で処刑された事件と、1735年にマホヴェツという一家が、逃亡の理由を書いた手紙を残して、国外に亡命したことです。

 

イラーセクはいくつかの変更を加えた上で、時間も少し戻してこの二つの事件を結びつけ、1723年のカレル六世の戴冠式から始まるこの小説を書きました。なおカレル6世はマリア・テレジアの父で男子に恵まれず、彼女をオーストリア・ハンガリー帝国の後継者にしたために、彼の死後オーストリア継承戦争が起こった人物です。

 

史実ではマホヴェツは一家で国外に逃亡しましたが、この小説でのマホヴェツは男やもめで一人逃亡し、残された二人の子供はカトリックへの教化のため、プラハに送られます。イラーセクはこの兄妹を1720年代のプラハに投入し、二人の様々な体験やプラハの隠れフス派との接触を通して、当時のプラハの文化的状況を描くという筋立てです。

 

そのため作品を事件の展開に従って、133節(第一部)をマホヴェツ一家が暮らし、そこにイエズス会の宣教団が襲った「スカルカで」、3461節(第二部)をこの兄妹のプラハでの様々な体験と兄が国外に逃亡する「トマーシュの逃亡」、6276節(第三部)を森番スヴォボダの処刑とイエズス会によるヤン・ネポムツキーの聖人への格上げを描いた「列聖式」に分けることが出来ます。

 

ただそれだけでは各節ごとの内容が分かりませんが、幸いにも挿絵画家として有名なA.カシュパルが本作品にも挿絵を書いています。そこでは、ホームページでも使った主要な場面の描写と共に、各節の始めにその節の内容を示す挿絵を必ず載せています。この挿絵は該当する節を探したり、その節の内容を理解したりする際に大きな助けとなりますので、この翻訳でもこれらの挿絵は必ず入れることにしました(きっとチェコ人も困ったのでしょう)。

 

また本書には、当時センセーションを引き起こしたユダヤ少年シモン・アベレスの殺害を含む、数多くの歴史的エピソードが挿入されていますが、確認が取れるものはほぼ正確であり、これらによって当時の社会的雰囲気が醸し出されていると共に、イラーセクの歴史小説家としての知識の正確さと腕の確かさが再確認できます。

 

最後になりますが、この企画は反響が大きく私も驚き、クラウドファンディングの力を再認識しています。ただ現在の制度では、公的資金を使う公立図書館や大学の研究者は、クラウドファンディングの予約購読に参加できませんので、それが今後大きなネックになるのではないかと思っています。そのためこの企画が成功するかどうかは、皆様個々人のお力をお借りするしかありませんので、どうかご支援よろしくお願いいたします。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

C9aaa6df05aa0e54814606b9dda74b62424de162

出版の援助

・エルベン『花束』(私家本)
ドヴォルジャークの交響詩の原作が含まれており、日本語で読める全訳は本書だけになります。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

5,000円(税込)

5f84428c96118063a563fdd576a21678607ecda3

出版の援助

・エルベン『花束』
・ムハ(ミュシャ)のスラヴ叙事詩の解説(CD版)

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

10,500円(税込)

『暗黒』の予約購読

・本書(上下巻)の予価(12000円)の2割引き(9600円)+消費税(960円)で端数切り捨て、送料は当方負担

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

20,000円(税込)

12c2315ae910e0456635d7b2d99ce67d1f1090d0

『暗黒』の予約購読と既刊の『チェコの伝説と歴史』を合わせたもの

・同じ作者の作品の『チェコの伝説と歴史』と今回の『暗黒』を組み合わせたもの

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

30,000円(税込)

『暗黒』の予約購読(3組)

『暗黒』の予約購読(3組)
(協会などでまとめて予約し、一か所に送る場合)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

50,000円(税込)

『暗黒』の予約購読(5組)

・『暗黒』の予約購読(5組)
(協会などでまとめて予約し、一か所に送る場合)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

プロジェクトの相談をする