気にかかる子どもたち

参加費無料、親の申し込み不要の遊び場には、生きづらさを抱えた子どもも来る。

 

不登校、知的または発達障碍のある子、一人親家庭、虐待、ネグレクト…

毎日見ていると、時々心配になるようなこともある。

どこまで関われるか、力不足を感じたり、相談機関等に相談にいくこともある。

遊びの中で心を癒し、自ら育っていく子どもたちの姿にこちらが励まされることもある。数年でめざましく変わっていった子もいる。

 

そんな子ども達が来られるようにあけ続けるために、そして子どもたちが心を開き信頼できるプレーリーダーに育ってもらうために今お金が必要なのです。