READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

致死率99%FIP発症のティモ、治療費のご支援のお願い

Natsu_Timo

Natsu_Timo

致死率99%FIP発症のティモ、治療費のご支援のお願い
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月31日(月)午後11:00までです。

支援総額

675,500

目標金額 720,000円

93%
支援者
127人
残り
12日

応援コメント
ゆき
ゆき6時間前いつも見てます。頑張ってください。いつも見てます。頑張ってください。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
35お気に入り登録
35人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月31日(月)午後11:00までです。

35お気に入り登録
35人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

数あるプロジェクトの中からご覧頂き、ありがとうございます!

 

保護猫ティモと、母と暮らしている本橋七津美と申します。

 

そのティモが致死率100%と言われる猫伝染性腹膜炎(FIP)という病気にかかってしまいました。

 

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは、、

 

・余命は1週間〜数ヶ月、1年は持たない

・日本での治療薬は少しの延命治療でしかないこと

・致死率は99%

 

ティモがFIPの疑いがあると言われた時は、本当に絶望し涙が止まりませんでした

 

ですが、普通の治療では治らないFIPが

 

日本未承認の薬で84日間投与し続ければ治ると言われている新薬があることがわかりました。

 

しかし日本未承認なこともあり、ティモの場合114万円ととても高額になってしまう事、

 

無一文になる覚悟もしましたが、多くない年金生活の母のこともあり

 

私だけの問題ではない、けれどティモを諦めたくないと思い、色々調べてみました。

 

そんな中、クラウドファンディングで支援を頂いている方がいる事を知りました。

 

絶対ティモを治してあげたい、まだまだティモと一緒に生きたいです

 

そんな思いで皆様にご支援のご協力を頂きたく、このプロジェクトを立ち上げさせて頂きました。

 

↑足元で甘えるティモ

 

ティモは私にとって、大切な家族で世界一可愛い子です

FIPと断定されるまで2ヶ月弱、病名不明で何件か病院を回りました

 

そんな経緯を記載させて頂きます

目を通し、ご協力頂けますと幸いです

 

 

▼ティモとの出会うまでの経緯

 

昨年度、会社が在宅勤務になること、母がつきっきりで祖母の介護をはじめ、

 

母にも猫の可愛さが癒しになるかなと思い、保護猫ティモを迎えました。

 

また、もう一つ理由があり、以前10年飼っていた犬が病気で亡くなり

 

長年ペットロスで大好きな動物を飼うことを避けてきたのですが、やはり自分は動物が好きで

 

もう一度一緒に住みたい、動物と暮らしたいと思ったからです。

 

そしてティモは昨年10月に、保護猫団体さんより譲り受けた生後9ヶ月程の保護猫です。

 

↓9月に保護猫団体さんへお見合いに行った時のティモ

 

 

この時はまだ、3ヶ月程の子猫でした。

 

10月8日

 

お迎えに行き、1週間のトライアル期間を経て正式に家族になりました。

 

初日に家に着いた時のティモ↓大きなお耳がとても可愛いです。

 

 

初日からゴロゴロ言ってくれて、3日目には寄り添って一緒に寝てくれました。

 

甘えん坊で抱っこ好きになり、抱っこするとすぐゴロゴロ言って目を閉じてしまうような子で、

 

一緒に寝ている時には口に何回もキスしてくれたり、また私が口を空けて寝ていると

 

口の中に手を突っ込んできたりと笑、元気に甘えん坊でやんちゃに育っていました。

 

 

▼長い間の病名不明、そしてFIP診断

 

1月22日あたりから食欲不信、1月24日の夜に嘔吐しました。

 

ちょうどその時期、介護していた祖母が亡くなり、祖母の葬儀を自宅で家族葬で看送った時期だった為

 

親戚の出入りが多くそのストレスではないか、と考えていました。

 

■1月25日

 

朝方、カリカリを食べている音がしたあとすぐに、嘔吐しました。

 

もともと軟便持ちではありましたが、この頃から下痢も激しくなって水のような下痢でした。

 

すぐにかかりつけ医へ診察へ

 

経緯を話し、ストレスだろうということで、下痢止めの薬をもらい帰宅しました。

 

しかし、薬をあげてもすぐに嘔吐、そして胃が空っぽだったので

 

透明のピンク色の液体を夜中に何度も嘔吐してしまいました。。

 

■1月26日

 

朝方、うんちを取ろうと思いトイレを見たら、なんと血便でした。

 

朝一でまた病院へ、初めてのエコー、そして言われたのは

 

『腸壁の腫れ、リンパの腫れ、若齢、症状から見てFIPかもしれません』

 

FIPは100%治らないと知っていたので、その場で泣き崩れました。

 

どうするべきか、、5万円弱と高額になるが、まずは全て検査を行うことが一番ということで

 

血液検査、遺伝子検査など、その日1日かけて検査してもらいました。

 

↓検査結果

 

 

 

その日は血液検査の結果だけだったのですが、この結果だけ見ると

 

なんとも言えない、、疑いはあるが、FIPとは確定出来ない数値ということでした。

 

遺伝子検査などは、外部に委託するので、1週間前後で連絡いただけること。

 

この際にビクタスSSという抗生物質を処方して頂きました。

 

■1月27日〜1月29日

 

毎晩、1、2時間置きにピンク色の液体の嘔吐、血便の下痢。

 

何もしてあげられない自分が不甲斐なくて、変わってあげたいと

 

毎晩泣いていました。

 

■1月30日

 

お昼に嘔吐をしたのですが、それを最後に嘔吐をしなくなりました。

 

そして、血便も少しずつ固まってきたり、ご飯もしっかり食べてきたりと

 

症状が改善したように思い、ティモはもしかしたらFIPではないんじゃないか?

 

と微かな希望を持ちながら過ごしていました。

 

■2月6日

 

かかりつけ医から電話があり、検査結果が出たのでティモと一緒にきて欲しいと、

 

先生の経験上こんなにすぐにご飯を食べたり、この前より体重も増えている子は珍しい。

 

FIPじゃないかもしれないと言われ、少し気持ちが晴れやかになりましたが

 

しかし、エコーの結果は腸壁の腫れやリンパの腫れも全然よくなっておらず

 

↓検査結果

 

 

 

検査結果通り、可能性は50% これから経過観察をしていきましょうということでした。

 

この際にも抗生物質をもらい、少しながら希望を持って帰宅しました。

 

しかし、この病名不明のまま経過観察をして、何か違う病気を見逃してしまうのも怖いと思い

 

他のお医者さんの意見も聞きたく、保護猫団体さんへ相談をし別の病院を紹介してもらいました。

 

■2月16日

 

今までの全ての結果を持ちセカンドピニオンへ行きました。

 

そこでもエコーを診てもらい、やはり腸壁やリンパはパンパンに腫れているし、

 

検査結果上でFIP可能性は否めない、しかし先生の経験上、FIPの子の腸壁の腫れとは少し違うと

 

言われました。そして子猫の場合では、リンパが腫れてしまうことはたまにあると、、

 

この結果を聞き、FIPの可能性は低いのだと思い、体調も特段悪くなかったので

 

きっと成猫になっていけば治ってくれるかもしれない!と、考え始めました。

 

2月23日

 

また少し、うんちが柔かくなっており、少し血便が出ていましたが

 

寝ていることは多かったのですが、体調がすごく悪い訳でもなく

 

ご飯もしっかり食べていたので、信じて病院には行きませんでした。。

 

3月6日

 

1ヶ月ぶりに、かかりつけ医の経過観察へ

 

少し血便が出たりしているが、大きな心配はないかなと思っていました。

 

しかし、エコーで待っていてもこの前のようにすぐに呼ばれず不安になりました、、

 

不安は的中し、結果はとても悪く

 

腸壁の腫れはとてもひどくなっており、今にでも腸閉塞になりそうなほど腫れている。

 

そしてリンパの腫れも以前の7mmから1cmを超えてしまっている、

 

腫れが1cmを超えたらリンパ腫を疑わざる得ないということでした。

 

↓今までのエコーの結果(右下のエコーが腸閉塞寸前に腫れています)

 

こんな状態で普通にご飯食べていて元気な方がおかしいと、、、

 

出来れば再度、FIPの検査をしたほうがいいと言いたいけれど

 

検査だけで5万円弱と高額なので、また検査してもグレーな結果になることは拭いきれない。

 

次は、リンパ腫の検査を1万円でするべきか、、ということでした。

 

色々考えたかったので、その日は一度、帰宅しました。

 

そして保護猫団体さんと相談させて頂き、もしFIPだとしたらティモの体力のあるうちに

 

何か治療をしないと。そして治すために新薬を考えるならば、有名な東京の病院では

 

80万ではなく60万だった子がいるということを聞き、病院の相談フォームから相談をしました

 

■3月8日

 

病院よりお電話を頂き、是非優秀な医師も沢山いるので

 

うちで診せてくれないかと連絡をもらい、まずは何かしら病名を改名し、治療をしたかったので

 

次の日に約束をして診療して頂くことになりました。

 

■3月9日

 

今までの検査結果を全て持ち、車で高速に乗り1時間半かけて病院へ行きました。

 

先生が来てから血液検査やPCR検査、エコー検査と手際良く全て診察して頂けました

 

血液検査の結果、数値のA/G比からみて、ほぼFIPドライタイプで間違いない

 

 

腸壁やリンパの腫れがひどい、

 

1月26日の検査結果と比べても圧倒的に数値が悪くなっているということでした

 

なのですぐにでも、新薬とステロイドの投与を開始しましょうということ、

 

金額は、想定よりとても高額なものでしたが、その場で投与をお願いしました

 

■3月12日

 

病院から電話があり、PCR検査の結果がきて陽性だったで確定診断させて頂きますという内容でした(報告書には何故かティモがティナになっています。。。)

 

 

■支援金について

 

皆様から頂いた支援金は、全てティモの治療費に充てさせて頂きます。

新薬は84日間投与し続けることが絶対のお薬です

1日も欠かさず、投与し続けています。

 

ティモはFIPドライタイプの初期だと判断され、

そして、体重はしっかりとある為、毎日500mgの投与(12,500円/日)でしたが、

先日体重が3.8kgを超えた為、今では550mg(13,750 円/日)の投与になりました。

また、4月1日に投与直後に全て嘔吐してしまった為、プラス1日分となります。

 

■3月9日〜3月27日 12,500円 × 18日間=225,000円

■3月28日〜5月31日 13,750円 × 66日間=907,500円

■4月1日嘔吐 13,750円

 

合計:1,146,250円

 

 

最初に想定していた60万円より倍近い金額です

 

今回のプロジェクトでは、足りない分の62万円を目標金額に設定させて頂きました。

目標金額の72万円から、手数料を引かせて頂くと624,960円となります。

 

現在は、2週間に一度通院し都度、新薬の支払いをしております。

 

↓先日お伺いした際に、最初の新薬代と共にお支払い致しました

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

ティモを助けたい、まだまだ一緒に生きたいと思い、立ち上げました

 

図々しいお願いだということは重々承知ですが、ご協力頂けますと幸いです

 

▼プロジェクトの内容

 

ティモFIP(猫伝染性腹膜炎)寛解の為の治療費の支援を募っております

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

新薬を84日間投与を続け、FIPの寛解を目指します!!

 

 

▼リターンについて

 

お気持ち程度ではございますが、メール、お写真、可愛い動画、コースターやエコバッグをご用意させて頂きました。

素敵なデザイナーさんに、ティモにそっくりで、とても可愛いイラストを描いて頂き

こちらのイラストでグッズを作成させて頂こうと思います

 

 

▼コロナウィルスによる影響について  

 

■リターンの遅延につきまして

 

商品発送の際に、コロナウィルスの影響にて遅延する場合がございます。  

 

半年以上の遅延が見込まれる場合、やむを得ず別の商品に代変させて頂く場合がございます

 

■リターングッズが中止になってしまった場合  

 

やむを得ず別の商品に代変させて頂く場合がございます。  

 

 

▼治療途中、悲しい理由でプロジェクトを終了する場合

 

万が一、治療中にティモが亡くなってしまった場合もティモの治療費用に充てさせて頂きます。

 

もし治療費を超える支援金がございましたら、現在治療頂いている病院様や保護猫団体様へ寄付させて頂きます。

 

 

 

▼最後に

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

 

ティモのFIPという病気が寛解し、ティモと共にこの先も生きていきたい。

 

このプロジェクトで皆様方に少しでもご支援頂ければ、幸せです。

 

そしていつの日か私も支援させて頂ける側になれたらと思っております。

 

皆様どうかよろしくお願い致します。

 

 

 ※長くなってしまいましたが、ここまでお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

 

 

 


▼プロジェクトの終了要項


・治療・手術対象    
ティモ(猫、オス、雑種)

・治療・手術内容    
致死率100である、FIP(猫伝染性腹膜炎)になってしまいました。治療の為に高額なお薬を使い、治療を行います。

・治療・手術完了予定日    
2021年5月31日

 

プロフィール

リターン

500

全力応援コース500

全力応援コース500

・感謝の気持ちを込めたメールをさせて頂きます

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

1,000

全力応援コース1000

全力応援コース1000

・感謝の気持ちを込めたメールをさせて頂きます
・ティモの可愛い写真データを1枚メールでお送りさせて頂きます

支援者
43人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

3,000

全力応援コース3000

全力応援コース3000

・感謝の気持ちを込めたメールをさせて頂きます
・ティモの可愛い写真データ1枚と動画1本(限定公開URL)をメールでお送りさせて頂きます

支援者
21人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

5,000

全力応援コース5000

全力応援コース5000

・感謝の気持ちを込めたメールを送らせて頂きます
・ティモの可愛い写真データ2枚と動画1本(限定公開URL)をメールでお送りさせて頂きます

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

10,000

全力応援コース/珪藻土コースター

全力応援コース/珪藻土コースター

・感謝の気持ちを込めたメールをさせて頂きます
・ティモの可愛い写真データ2枚と動画1本(限定公開URL)をメールでお送りさせて頂きます
・素敵なティモイラストの珪藻土コースターをお送りさせて頂きます
(写真はイメージの為、完成品とは異なります)

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

30,000

全力応援コース/マスクケース

全力応援コース/マスクケース

・感謝の気持ちを込めたメールをさせて頂きます
・ティモの可愛い写真データ2枚と動画1本(限定公開URL)をメールでお送りさせて頂きます
・素敵なティモのイラストのマスクケースをお送りさせて頂きます
(写真はイメージの為、完成品とは異なります)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

50,000

全力応援コース/エコバッグ×コースター

全力応援コース/エコバッグ×コースター

・感謝の気持ちを込めたメールをさせて頂きます
・ティモの可愛い写真データ2枚と動画1本(限定公開URL)をメールでお送りさせて頂きます
・素敵なティモのイラストのエコバッグとコースターをお送りさせて頂きます(写真はイメージの為、完成品とは異なります)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

100,000

全力応援コースMAX/グッズセット

全力応援コースMAX/グッズセット

・感謝の気持ちを込めたメールをさせて頂きます
・ティモの可愛い写真データ2枚と動画1本(限定公開URL)をメールでお送りさせて頂きます
・ティモの素敵なイラストグッズ3点(エコバッグ、コースター、マスクケース)
(写真はイメージの為、完成品とは異なります)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

インスリン使用者が利用しやすいカフェを作る

tomomi allentomomi allen

#医療・福祉

147%
現在
443,000円
支援者
71人
残り
12日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする