今日で50日が経ち、あと36日となりました。

NGOアフリカ友の会のこの事業に、今日まで(12/10pm4:00時点)ご支援頂いた66人(表記61人の他、代理でご支援くださった方がいらっしゃいます)の皆さま、ありがとうございます。 そして、このプロジェクトを気にかけてくださり、ご覧になってくださっている皆さま、ありがとうございます。

 

12月も半ばに入り、街はクリスマスのイルミネーションやクリスマスソングで賑わってきました。

中央アフリカ共和国は昨年の12月半ばから後半にかけて、特に内戦状態がひどくなり、多くの人々は家を追われ、国外や地方や難民キャンプに避難しました。キリスト教徒も多い国ですが、人々はクリスマスどころではありませんでした。

まだまだ、内乱前のような平和な状況には戻るには多くの時間を要すると思いますが、人々は前向きに頑張っています。今のような情勢の中でも農業は着実に目を出し、暮らしを支え、希望の光となり、自立を導きます。

現在栄養失調児センターには毎日300人の子供が来ています。これは内乱前の3倍です。 子どもたちの為にもお母さんの自立を、引き続き応援していただきたくお願い申し上げます。

この事業の実施を目指して残り36日、あと355,000円、皆さまのご協力をどうぞよろしくお願い致します。

                   NGOアフリカ友の会 徳永瑞子

新着情報一覧へ