本日はいつもの連載じゃなく、気ままに書いてみようかと。

写真は昨年の夏、僕のミュージックセラピーに来てくれるメンバーたちと一緒にカンボジアに行った時のもの。
うちのメンバーたちは福祉などたくさんの人の支援を受けて生活しています。
しかし手厚い支援は時にメンバーたちの行動範囲を狭めてしまいます。
誰のために必要な支援なのかなって思うことも・・・

そこで僕は考えました。
日本ではないどこかで、うちのメンバーたち自身が支援者となる音楽活動を通して、支援の本質を明らかにしてみたいと。

ってことで孤児院や学校のない田舎に行って、子どもたちと音楽や絵を通して交流してきました。
そこでうちのメンバーたちは僕と同じように子どもたちのサポーターでしたよ(*^-^*)

やはり僕らはみんな支え合って生きてるんだなって・・・

 

撮影:横田岳史

 

【毎日更新!見て知って感じてクラウドファンディング】22日目
カンボジアの水を環境保全型人工湿地できれいにしたい
READYFORでクラウドファンディング(成立条件150万円以上)
https://readyfor.jp/projects/tonlesap

 

新着情報一覧へ