プロジェクト終了報告

2017年10月06日

とっておきの音楽祭INふくしま 2017が終了しました!

先月の9月23日に「第6回とっておきの音楽祭INふくしま2017」を開催しました

皆様にご支援により無事開催できたこと、厚く御礼申し上げます

 

お天気は前日までの晴れの予報から一変、雨からのスタートでした。

昨年に続いて今年も悪天候かと思われましたが音楽祭が始まる10時には雨もやみ音楽祭をはじめることができました。

 

 

 

 

 

 

福島駅を周辺の6会場で73グループ、500名以上の演奏者が福島の街で演奏をしました。

演奏者には障がいがある方や、音楽歴40年以上のベテラン、初めて人前で演奏をする方など

障がいのある、ないに関わらず、ありとあらゆる音楽で賑わいました。

 

 

 

 

 

今回支援を募る中で、ある男性の方より1通のメッセージを頂戴しました。

1人でも音楽を楽しんでもらえる方が増えてためにも

所有しているギターをプレゼントしたいという申し出でした。

実行委員会ではこのギターを誰に使ってもらいたいか考えました。

考えた末、第1回より出演者として参加している大笹生支援学校の生徒さんに使ってもらいたいと思いました。

このお話を大笹生支援学校さんにしてみると大変喜んでいただき、当日贈呈式を実施することができました。

 

 

 

 

 

音楽祭の最後にはメイン会場の街なか広場でフィナーレを実施しました。

とっておきの音楽祭のテーマソングの「オハイエ」という曲があります。

この曲は手話を使用した振りつけがあり演奏者、スタッフ、観覧者が一緒に踊りとっておきの音楽祭INふくしまの1日を締めくくりました。

 

皆さまからご支援頂いた資金は、全額会場設営費のために使用させて頂きました
リターンの発送については10月中お送りする予定です。今しばらくお待ちください。


とっておきの音楽祭INふくしまは本年で皆様のおかげさま第6回を開催することができました。しかしこれで終わりではありません。

第7回、第8回とこれからもずっと続いていきます。

障がいのあるかたも、ないかたも一緒に楽しめるこの音楽祭を通じて

「心のバリアフリー」を目指してこれからも活動を続けていきたいと思います

この度はご支援頂き誠にありがとうございました。